カテゴリー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 夏六川塩 | トップページ | 平成夏終 »

2018年8月29日 (水)

塩一踏張

酷暑のせいでこのところ再訪問店の塩ラーメン巡りをしている形になってしまった。今夜もそんなノリで伊勢佐木町大通公園近くにある『らーめんひとふんばり』へ立ち寄った。2008年9月3日オープンだからもうすぐ創業10年の節目を迎えるね。店主は大成食品主催の鳥居式ラーメン塾出身なので魚介豚骨ラーメンをメインにしている。我は過去4度訪問しているが、約2年ほどのブランクが空いて5度目の訪問となる。定時退社日だったので夜6時半頃店に到着した。早速暖簾を割る。厨房にはおじさん店主1人のみ。入口脇の券売機で食券購入。厨房周りにL字型カウンター10席。先客1人後客2人。BGMはオルゴール。

180829hitofunbari00 180829hitofunbari01 らーめん ひとふんばり

『特製塩らーめん』 930円+『ライス』 100円=1030円

醤油味噌は食べた事はあるが塩は今回初めて。この店は長らく魚介豚骨醤油一筋だったから、最近になってレギュラーメニューに加わったと思う。特製で注文。サイドメニューは水餃子だけだったので仕方なく白飯を付けた。麺は中太ちぢれ麺。かたさがちょうど我の好み。具はきざみネギ、メンマ数本、ナルト1枚、巻きバラチャーシュー3枚、味玉丸1個は黄身しっとりタイプ。スープは魚介塩豚骨かと想定していたら、透き通った清湯スープだった。魚介豚骨醤油とは全然違い、魚介は全面には出てきていない。思わず目を閉じて「いい出汁だねー」と心の中で呟いてしまうくらい、いい塩梅のじんわり旨味を感じる。最近食べてきた塩ラーメンの中でもトップクラスに美味く感じた。魚介豚骨醤油が苦手でこの店を敬遠していた人にも試して欲しいと思うくらい。近くにこんなにいい店があるんだからもったいない。我は6度目の訪問も塩を頼んでしまいそうだ。汁一滴残さず完飲完食。サイドメニューが少ないのが惜しかった。

« 夏六川塩 | トップページ | 平成夏終 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/67109545

この記事へのトラックバック一覧です: 塩一踏張:

« 夏六川塩 | トップページ | 平成夏終 »