カテゴリー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 梅雨明飯 | トップページ | 近町中華 »

2018年7月 1日 (日)

寅騰重慶

今日も真夏を思わせる気温上昇を見せた日曜日。風が強いので幾分かは楽になっているのか?昨日ブックオフに寄った時に欲しい本があったので昨日に引き続いてイセブラを決行。10時過ぎに家を出て徒歩で向った。ブックオフで簡単に買い物を済ませ、本日の目的店へ。

昨日『マライ』に行った時に奇妙な店を見つけた。半円形にせり出した薄赤い看板に書かれた日本ではあまり見ない、我には読めない漢字が緑色で書かれ、店舗は黄色く塗られていた。そこだけ日本とは感覚がずれた雰囲気が漂っていた。店前のA看板を見ると麺料理をメインにした中華料理店のようだ。またチャイナマネーによって作られた華僑というより中国資本の店なのか?帰宅後調べると『寅騰(いんとう)』と読むらしい。その屋号の傍らにかいてあった『鴨脖(やーぼー)』は鴨の首肉料理の事で、湖北・湖南・四川地方でよく食べられる料理との事。興味がそそられて訪問してみる事にした。

開店10分後くらいに入店。内装は白でテーブル席が数席置いてある。中国的な飾りなどは目立って置いていない。厨房は奥にあり白い調理人の服を来た男の店員が2人。接客係のおばちゃん店員が1人。全員中国人。厨房手前のテーブル席に店員の家族と思しき小学生くらいの姉弟が座って食事をしている。BGMはなく先客もなし。我以外の人が話す中国語のみ聞かれている。ここは日本か?伊勢佐木町か?と思わせる。口頭注文。おばちゃん店員は日本語対応してくれて安堵した。厨房の前にショーケースがあり肉のようなものが売っていた。これが「鴨脖」かな?

180701yinteng00 180701yinteng01 寅騰 『重慶小麺』 800円

筆頭メニューを注文。店員は「じゅうけいそば」と読んでいた。他に清湯牛肉麺、四川担担麺など5種類くらいあった。そっけないデザインの丼で登場した一杯。麺は日本の拉麺とは違うポクポクした食感の中太ストレート麺。具は青菜、パクチー、グリーンピースと大豆の素揚げかな?豆がたくさん入っている。あとはパクチーと牛肉の角切りが数個。スープは麻辣スープでむせるくらいにすっぱ辛い。結構強烈。パクチーも効いているので日本人に合わせたような素振りは見られない。味としてははほとんど「蘭州拉麺」と同じ。ただ豆がたくさん入っている違いしか我にはわからなかった。とにかく我には激辛過ぎた。辛党で本場の味を求める人向けだろうなー。まあいい経験が出来た。

« 梅雨明飯 | トップページ | 近町中華 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66889166

この記事へのトラックバック一覧です: 寅騰重慶:

« 梅雨明飯 | トップページ | 近町中華 »