カテゴリー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 鳴門再訪 | トップページ | 夏田樹塩 »

2018年7月28日 (土)

嵐前土昼

今日午後から明日朝にかけて、東から西へに向かう異例のコースを通り台風が通過するという。こんな日に遠出するほど酔狂ではない。なのでその中で有効な時間を過ごそうと、朝から予め予約していた床屋へ向かった。床屋が盆休みに入ってしまう前に。空は雲が立ち込め風も徐々に強くなっているが、雨は時々降る程度だった。床屋では涼しく気持ちよくしてもらって極楽気分だった。

我は土曜は遠出をする傾向があるので、あまり近場の日曜定休の店を訪問出来ずにいる。なのでこの機会に近場の日曜定休の店に訪問してみることにした。最初に狙ったのは関内駅近くにある『R&B』という店だ。2008年10月に開店しているので結構長く営業しているが、我は2009年4月25日2010年5月8日に訪問している。10年越しの訪問になる。何故そうなってしまったかというと日月祝定休でラーメン店としての営業は昼の4時間のみ(夜はBARとして営業)という結構高めのハードルだから。むしろ提供されるラーメンの印象は良かったのにだ。正午前あたりに入店。店舗は2階にある。外観的にラーメン店としてのアピールが控えめの為、知っている人だけ知っているような店だ。重い扉を開けて入店。店主と女店員の2人。厨房は奥にあり見えない。一列のカウンター8席と2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席2卓。先客5人後客6人。立地の割に客入りは悪くない感じ。

180728rb00 180728rb01 R&B 『あっさり塩味』 780円

メニューを見ると醤油・塩・味噌・豚骨・魚介・辛味・二郎インスパイア・つけめん・冷やしといつの間にか凄いことになっていた。でも夏だし塩を食べたい気分だったので10年前の訪問と同じになるが塩を選択。値段は10年前と変わらず。麺は細麺ストレート。具は水菜、細切りきくらげ、平メンマ数本、チャーシュー2枚。鶏ガラ出汁基本のスープだが、思ったよりスパイシーな仕上がりになっていた。あっさりというのではなかった。今日は我の期待していたものと違った仕上がりだったけど、これは美味いまずいの話ではなくタイミングだけの話。完成度はそれなりに高い。機会があれば他のメニューを狙いにまた来たいと思った。メニューの多様さに驚かされた。店主は本当に料理が好きなんだろう。

その後伊勢佐木町をブラブラした。

« 鳴門再訪 | トップページ | 夏田樹塩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66995012

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐前土昼:

« 鳴門再訪 | トップページ | 夏田樹塩 »