カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 口福魯肉 | トップページ | 駅前山一 »

2018年7月 8日 (日)

逆好選択

我は横浜在住だから、という訳ではないのだが、長年食べ慣れた家系ラーメンが最も好みに合致する。そして長年の食べ歩きから得られた我の好みのベストは「麺かため・油多め」。でもこれは総ての好みの組み合わせを経験してから選択したわけではなく、独断と偏見による選択によるものだった。だからいつかは「麺やわらかめ・味薄め・油少なめ」のオーダーをやってみたいなという興味は抱いていた。そして今日それを初めてやってみてやろうという気になった。選んだ店は『寿々㐂家』 曙町店。開店は2016年2月24日と日は浅いが、本店は家系No.1と評されるほどの店だし、味は醤油のみの硬派な家系ストロングスタイルだ。ここで試すのが適当だろうと入店。時刻は12時半くらいだったか。厨房には男の店員2人と女の店員1人。先客6人後客5人。

180708suzukiya00 180708suzukiya01 寿々㐂家 曙町店 『ラーメン並(麺柔らかめ・味薄め・油少なめ)』 700円

とうとう言い慣れない好みを指定して注文してしまった。後悔ではなく「やってしまった」感が強い。厨房では「オール逆」とか言っていた。家系らしさが感じられないただの豚骨醤油ラーメンになってしまうのではないか?今までに食べたことがない家系ラーメンと対峙する事に期待半分不安半分。後客3人くらいに抜かれてからようやく着丼。そんなに調理地時間まで違うのか?恐る恐る丼を覗いたが、それほどの変化しているようには見えない。いや、少し大人しい印象になってるか。実際食べてみてどうだったか?確かに醤油ダレの味は弱めだし、家系の味最大の特徴でもある鶏油の甘みと旨味が弱い。でも意外なことにちゃんと家系ラーメンとして美味しく食べ進める事が出来た。麺柔らかめもこれはこれでいいではないか。そして鶏油や醤油が弱まった代わりに浮かび上がってきたのはスープ本来の出汁の味。これは新鮮だったね。家系ラーメン、いやラーメンを長年食べ続けていながらこれを知らなかったとは…。でも相当マニアックな選択だよな。この店だからこれを体感出来たけど、所謂量産型家系と呼ばれるような店では別の感想になっていた可能性が高い。だいたいそういった店の店員が上手く調合出来るとは思えないし。何にしろ今日は長年のモヤモヤが解消されたので良かった。

180708yokohamabashi01 その後横浜橋通商店街へ。『せんだい』横浜橋店『ハングリーピッグ』曙町店の跡地に移転するそうだ。

« 口福魯肉 | トップページ | 駅前山一 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66916251

この記事へのトラックバック一覧です: 逆好選択:

« 口福魯肉 | トップページ | 駅前山一 »