カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 夏御幸浜 | トップページ | 西湘熊本 »

2018年7月21日 (土)

郁小田原

西湘地区は空気感、街並みだけではなくラーメンもまた違う。小田原ラーメンという地味な地麺が存在する。この小田原ラーメンを表立って看板に掲げて提供する店は、我が知る限り横浜には存在しない。西湘地区に訪れて初めて食べられる地麺らしい存在なのだ。せっかく小田原に来たのだから、この地麺を味わっていく。そこで狙いを定めたのが、小田原駅前近くにあり堂々と小田原ラーメンを名乗る『小田原ラーメン郁(いく)』小田原店だ。この店の暖簾に「三代目むら田継承」とある。『支那そば むら田』は小田原ラーメンの中でも筆頭と言われる店で、我もちょうど10年前に訪問している。あそこで店主は修行したという事か。でも本店は大井町にあり、この小田原店は秦野店に続く3店舗目の支店となる。開店時間までには10分程度時間があったので近くのセブンイレブンで水分補給をして暖簾が出るのを待った。定刻ちょっと過ぎに暖簾が出たので入店。前後客なし。内装は黒を基調としていてちょっと居酒屋風の雰囲気。厨房は奥にあり男の店員と女の店員の2人。一列のカウンター6席と4人がけテーブル席2卓。口頭で注文。

180721iku00 180721iku01 小田原ラーメン 郁 小田原店 『ラーメン』 750円

筆頭基本メニューを注文。麺はピロピロ縮れた中太平打麺。具はきざみ薬味ネギ、もやし、甘口煮メンマ、海苔1枚、厚めのチャーシュー2枚。醤油の香ばしさが香るラード多め、塩味抑えめのスープ。『むら田』継承というからちょっと期待し過ぎたかも知れないが、インパクトは弱めに感じた。でも小田原ラーメンの特徴はしっかりと抑えているので地ラーメンらしい素朴さは感じられ満足は出来た。

« 夏御幸浜 | トップページ | 西湘熊本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66964469

この記事へのトラックバック一覧です: 郁小田原:

« 夏御幸浜 | トップページ | 西湘熊本 »