カテゴリー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 極楽汁麺 | トップページ | 松月咖喱 »

2018年6月23日 (土)

雨本郷台

JR根岸線本郷台駅。横浜市栄区にある唯一の駅。我にとっては乗換なしの電車1本で来られる駅にも関わらす過去一度しか降りた事がない。4年半前に駅前の『本郷家』というラーメン店に訪問した時だけだ。今日は再びその本郷台へ向かった。朝はどんよりと雲が立ち込め、天気予報では昼前あたりから雨が降り始めるという。傘をもって家を出た。

180623hongoudai00 本郷台駅に到着したのは朝10時過ぎ。まだ雨は降っていない。この前来た時は本当に駅前を歩いただけでそのまま帰ったので、我にとって周辺地理は不案内な土地だ。駅の裏手は城のような建物(マンション?)があったり奇妙な建物も多く見知らぬ街に来たという実感が高まる。時間に余裕があったためゆっくりと散策しながら本日の目的店に向った。その目的店は『支那そば屋』で23年間努め、佐野実氏亡き後料理長として店を引っ張っていた人物が今月20日に独立開店した店『ラーメンフリーバーズ』だ。特にお家騒動などはなく円満独立のようだ。ゆっくり散策しながら来たので駅から10分くらいで店に到着。それでも開店30分も前に到着してしまった。当然店前には誰もいない。修行先とは全く違うアメリカン・ガレージをイメージしたという店舗。10分ぐらいしてようやく人が我の後ろに立ち始め、開店の頃には7人ぐらいの行列になった。予定時刻ピッタリに開店。本日最初の客として入店。入口脇に券売機。札を入れようとするが反応なし。設定が出来ていないようだ。店員に言って準備を促した。新店の不慣れな感じを最初に味わった。店内は外装と異なり綺麗に整えられている。でもアメリカン・ガレージ風なので『支那そば屋』を連想させるものはない。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房周りにL字型カウンター7席と4人がけテーブル席1卓。後客9人で待ちは生じなかった。

180623freebirds00 180623freebirds01 ラーメン フリーバーズ 『スペシャル醤油ラーメン』 980円

筆頭のスペシャル醤油を注文。着丼して早速撮影するとなんか違和感を感じた。半味玉が入っていない。店員に言ったら「失礼しました」と別皿で出された。最初の一杯をミスしちゃうのは新店らしい。麺は絹のようなツルリとした食感の細めんストレート。『支那そば屋』らしいなーと思ったら違う製麺所の麺らしい。我はあまり製麺所に拘るようなラオタではないので関係無い。美味い。具は薬味ネギ、茹でたほうれん草、穂先メンマ、鶏と豚のチャーシュー各2枚づつ。そして忘れらてた味玉半個。スープはじんわり滋味を感じるスキッとした醤油スープ。こちらもいろいろ変えているのだろうが、名古屋コーチンの鶏油のまろやかさで我は『支那そば屋』だなーと感じた。やっぱり美味いわ。汁一滴残さず完食した。立地に若干難を感じるが、時間をおいてから他の塩や鶏白湯目当てに再訪するのも良いなと思った。店を出ると小雨が降り始めていた。

« 極楽汁麺 | トップページ | 松月咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66860869

この記事へのトラックバック一覧です: 雨本郷台:

« 極楽汁麺 | トップページ | 松月咖喱 »