カテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 大岩洋灰 | トップページ | 土利瓶具 »

2018年6月 8日 (金)

常滑肉塊

愛知県には「台湾ラーメン」、その派生系の「台湾まぜそば」という代表的なご当地ラーメンが存在するが、その影に隠れて個性的なラーメンを多数誕生させる土地という印象を我は持っている。名古屋の『好来系』、同じく名古屋の『重油ラーメン』、尾張一宮の『ベトコンラーメン』、半田市の『からくりラーメン』、そして先程訪問した『大岩亭』もそうだ。いずれも他の地域では見ない、クセのあるラーメンだった。これって県民性なのかな?それとも東京と大阪の両方に影響を受ける土地柄なのかな?

今回の遠征を計画を立てるよりかなり前、地方遠征食べ歩きをメインに活動していた時期に、やはりこの愛知で気になる存在の店を見つけてた。その店の名は『八百膳』という。場所は知多半島西部にある常滑市だ。その店は『ラーメン二郎』の豚など目ではないくらい、巨大なチャーシューが投入された中華そばが提供されていた。しかもスープは黒い色の醤油スープ。その時調査した限りでは、『八百膳』は営業時間が安定せず、臨時休業も多いというので、潰しの効かない常滑にまで遠征するのは躊躇してしまった。案の定その間もなく閉店してしまった。2012年8月のことだ。行きそこねた常滑の地麺。しかしその『八百膳』が閉店した年の2012年11月27日、同じ常滑市にに『八百膳』の後継者的な店が開店した。『名代中華そば 常滑チャーシュー』という店だ。『八百膳』閉店の理由が弟子絡みのいざござが原因という噂があった為、開店当初白い目でみる地元民も多く、評判も良くなかった。でももう今年で開店5年目を迎えており、批判的な意見も影を潜めている。これは地元常滑に定着したと見るべきだろう。行きそこねた常滑の地麺、いざ訪問というわけだ。

180608kabaike01 『大岩亭』を出て最寄りの東刈谷駅から東海道本線に乗車する。名古屋の手前の金山という駅まで一度北上して、名鉄に乗り換えてからではないと常滑には行けない。名鉄に乗り換え太田川という駅で分岐があり、そこから常滑線に乗り換える。順調に進んでローカル線から見える風景を楽しんでいた。名鉄の駅はJRの駅等に比べ駅名の表記が少ないので、今どのあたりだろうかとスマホの路線図アプリで確認する。すると今通り過ぎた駅は常滑線の駅ではなく河和線の駅だと判明した!これはヤバイ!慌てて次の坂部という駅で降り反対側のホームで太田川行きの電車を待った。ほどなく電車は来て太田川駅に戻る事が出来、1時間に2本しか運行しない常滑線への乗り換えもスムーズに行えた。あの時点で気づく事が出来たのは不幸中の幸い。もう少しで『常滑チャーシュー』の昼営業には間に合わなかっただろう。こういう不測の事態も達成感を得る重要なスパイスとなる。最寄り駅の蒲池駅に到着出来たのは13時45分頃。『常滑チャーシュー』の昼営業終了まで45分しかない。見知らぬ片田舎の道を早歩きで進む事5分程度で店に到着する事が出来た。営業中の札も出ているぞ!ヨシッ!早速入店。白い内外装の清潔でこじんまりした店舗。厨房は壁の向こうにありよく見えない。おばちゃん店員が接客係で1人。カウンターは2席で4人がけテーブル席が4卓。先客3人後客ゼロ。ここのメニューは中華そばとおにぎりとライスしかないので、特に注文しなければ何も言わなくてもおばちゃん店員が厨房に向かって「そばひとつはいりまーす」と言ってくれる。

180608tokoname00 180608tokoname01 名代中華そば 常滑チャーシュー 『中華そば』 830円

出た!こっちもインパクトのあるビジュアルだ。先にも書いたがこの店にチャーシューメンのメニューはない。これで標準の中華そばだ。巨大チャーシューによって麺が見えない。麺は黄色い中太縮れ麺。具は薬味ネギ、海苔1枚、厚さ3cm超えの巨大な柔らか肉の塊が2個。スープは噂通り真っ黒だが、味は優しい感じの正油味。懐かしい感じで美味しかった。で、チャーシューだが実はこの時はほとんど口をつけなかった。『大岩亭』の超濃厚スープの後で食べられる気がしなかったからだ。ではこの巨大チャーシューはどうしたのか?我以外でもこれだけの巨大な物体を食すのは諦めてしまう人が多いため、セルフで持ち帰る用にビニール袋が準備されているのだ。1人1枚までときつく注意表記はあったけど。なのでチャーシューは帰宅後美味しくいただいた。それにしても何でこんな巨大なチャーシューをのせるようになったのか?これも噂話しでしかないのだが『八百膳』店主が「客が喜ぶ顔を見たいから」といって徐々にチャーシューが肉厚になっていったらしい。『ラーメン二郎』三田本店と同じ理由だね。善意からの突然変異。ほとんどコストの事しか考えない企業的な考え方では決して生まれなかった魅力的なラーメン。ご当地ラーメンを食べるというのは豊かな気持ちになるね。

180608kabaike02 次の電車の時間が気になるので急いで駅に戻ったが、ちょうど電車は行ってしまったようだ。でもいい。本日のミッションはクリアーした。誰もいない無人駅のホームのベンチに腰掛けてのんびり待つよ。吹き出した汗が風で冷やされていくのが心地よい。カメラのデータを見返しながら達成感、満足感に浸る。気がつけばあれだけ心の中でトゲトゲしていたものがすっかり収まっていた。

金山でJRに乗り換える短い時間で新幹線のチケットを購入する事が出来たので名古屋15時半発ののぞみに乗る事が出来、17時前には新横浜駅に到着する事が出来た。

« 大岩洋灰 | トップページ | 土利瓶具 »

コメント

名古屋のラーメン福(二郎のパクり?)も行ってみてください。

親分さん、コメントありがとうございます。なかなか面白いチェーン店のようですね。また名古屋に行った際には訪問してみたいと思います。情報いただきありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66808363

この記事へのトラックバック一覧です: 常滑肉塊:

« 大岩洋灰 | トップページ | 土利瓶具 »