カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 雨上田中 | トップページ | 早梅雨明 »

2018年6月27日 (水)

川邊炙肉

野毛本通り商店街にある『らぁ麺’s Kitchen かわべ』。開店は2011年3月8日。当初は『野毛の麺家 真』という屋号だった。2013年4月5日に定食メニューを加え今の屋号にリニューアル。我は同年4月20日に一度だけ訪問している。店主は『たかさご家』『うえむらや』、そして『吉村家』で働いた経験があり、更に佐賀の『れんげ』という店でも働いた経験があるという。

今週は梅雨の合間の晴れ間が続き蒸し暑い。定時退社日を利用し桜木町駅から徒歩で店に到着したのは7時くらい。店内は奥に長く、厨房はつきあたりにあり男の店員2人。カウンター3席と2人がけテーブル席2卓と4人がけテーブル席3卓。テレビが見える席に座った。前客なし後客2人。口頭で注文。料金後払い。

180627kawabe00 180627kawabe01 らぁ麺’s Kitchen かわべ

『厚切り炙りチャーシュー麺(大盛・麺かため)』 1200円

リニューアル前も含め過去2度この店に訪問しているが、正直言ってラーメン自体は凡庸な薄い豚骨醤油味で、鶏油も感じず家系でもない。で、ウリにしているのが厚切り炙りチャーシュー。我は有料トッピングをウリにしているような店自体好みではないのだが、再訪で仕事上がり後なので腹が減っているし食べてみようかと注文した。大盛りと小ライスは無料サービスと気前がよいのでお願いした。先客なしなのにちょっと待たされて着丼。麺はやたら噛みごたえがある黄色い中太縮れ麺。埋金製麺というところの麺だそうだ。スープは先述したとおり。

180627kawabe02 そしてウリである巨大チャーシューは正にステーキクラス。厚さも平均2cmはありそう。かなり入念に炙られて香ばしい。脂身も多めで柔らかさもしっかりあり、変に味付けされていないのが良かった。しかしこのボリューム、侮っていた。大盛りとライスは余計だったかも知れない。何とか食べきって支払いを済ませ店を出た。

« 雨上田中 | トップページ | 早梅雨明 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66876301

この記事へのトラックバック一覧です: 川邊炙肉:

« 雨上田中 | トップページ | 早梅雨明 »