カテゴリー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 六角山虎 | トップページ | 中本騒動 »

2018年5月26日 (土)

檍特上豚

1週間は短く1年も短いが1日は長い。そう感じる人は充実した人生を送っているそうだ。今月に入ってから特にそう感じる日々が続いている。けれどもそれを幸せと感じるとは限らない。とりあえず辿り着いた週末。肉体は疲れているが精神は発散したい。それが我の場合だと食の方にいっちゃうんだよね。

朝からどんよりした雲に覆われた土曜の朝。今日は多摩川を超え我の思い出深い街、蒲田へ。何故蒲田へ訪れたかというと以前訪れた『いっぺこっぺ』のカツカレー、いやそのカツに感動したからだ。これだけ食べ歩きを重ねているけど、食べて感動する、ってなかなか無い。。その貴重な経験をさせてくれた店へ再訪問…というわけではなく、その隣にあった本店格のとんかつ店『檍(あおき)』でガッツリとんかつを食べようとやってきたわけだ。銀座や大門に支店を出している、都内でも超有名なとんかつ店だ。店に到着したのは開店15分前だったが、すでに17,8人の行列が生じていた。慌てて後に続く。これはかなり待つな…。ましてやとんかつ屋だからね。すると前の4,5人が列から外れた。断念して別の店に行ったり隣の『いっぺこっぺ』の列へ移動した。これで少しは早くとんかつにありつける。開店時間ピッタリに暖簾が出された。しかし我の3人前の客で初回は埋まったようだ。店前で待ち続ける。2列に詰められた。我の後ろには前の待ちを凌ぐ長さの行列が生じていたからだ。並んでいる間に注文を聞かれた。暖簾が出されて20分くらいと意外と早く案内された。厨房には男の店員2人と、熟練の客さばきをみせるおばちゃん店員。客席は一列10席。厨房内ではとんかつが揚げられしばらく放置されているのが見えた。予熱で中に熱を通しているのだ。

180526aoki00 180526aoki01 とんかつ 檍 蒲田本店 『特上ロースかつ定食』 2000円

この店一番人気メニューの特上ロースかつ定食を注文。使用している豚肉はもちろん林SPF豚だ。揚げたてのとんかつはただでさえ絶品なのに、極上の豚肉と、それを知り尽くした日本最高峰の店の本店のものだから、これはたまらない肉汁が内包さていて、衣もサクサクで、何と言っても脂が甘くてすぐ溶ける!極上のとんかつは塩で食べるのが良いと教えてくれたのもこの店の隣の姉妹店、カツカレー専門店『いっぺこっぺ』だった。ヒマラヤのピンク岩塩やら沖縄の海水塩やらウユニ塩湖の塩まで数種類の塩が卓上に並べられていた。その数種類の塩をとんかつ一切れづつ変えて楽しんだ。卓上のソースも試したし楽しめたねー。ご飯は茶碗に山盛りだが、おかわりすると200円という罠。でもとんかつが美味すぎてそちらに集中してしまったためおかわりはせずに済んだ。そしてもうひとつの定食の主役である豚汁がまた絶品だった。これは並んだ甲斐があったというものだ。そして自分へのご褒美としては最適の品だった。大満足で退店した。そこには交差点の曲がり角を曲がるまで行列は伸びていた。

« 六角山虎 | トップページ | 中本騒動 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/66761252

この記事へのトラックバック一覧です: 檍特上豚:

« 六角山虎 | トップページ | 中本騒動 »