カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 新緑井頭 | トップページ | 臥竜再訪 »

2018年5月 5日 (土)

吉祥春木

井の頭公園の散策を終え吉祥寺の街へ戻ってきた。先程行った本屋で気になってた本を購入した。そしてお茶屋で懐かしいグリーンティーも一袋買ってみた。吉祥寺は緑もあって開放的で良い街だ。

1時間ほど散策してもうそろそろ横浜へ戻ろうかと思ったが、『珍来亭』のキムチ油ラーメンが思ったよりラーメン感が希薄だったのでもう一店寄ってから変える事にした。もうスタンダードな醤油ラーメンを食べたい。そうなるとご当地荻窪ラーメンが良い。その代表格、昭和24年創業の老舗『春木屋』がこの吉祥寺に支店を出していた事を思い出し行ってみる事にした。この支店には我が食べ始めて間もない2006年7月1日に訪問している。荻窪本店訪問は2008年1月5日なので、それに先んじて訪問している事になる。オフィシャルHPによると「伝統を継承する荻窪本店、新たな味を提供すべくアンテナとしての吉祥寺店」とある。店に到着したのは13時頃、GW中に加え一番混雑する時間帯に訪問した為、10人くらいの行列が出来ていた。しかし家族客は平気で電話で家族を呼び出し横入りさせたりする。15分くらい待ったかな。待っている間に店員が注文を取りに来たので口頭で注文。結局先の家族客達はテーブル席狙いで後回しにされ我等が先に案内された。厨房には男の店員4人と女の店員2人。客席は手前にL字型カウンター9席と、奥に4人がけテーブル席2卓。日差しの厳しい中で立待していたので店内の空調と冷水が嬉しかった。

180505harukiya00 180505harukiya01 荻窪中華そば 春木屋 吉祥寺店 『中華そば』 850円

筆頭基本メニューをシンプルに注文。先に注文していたのであまり待たずに提供された。見た目オーソドックス過ぎてあまりいい顔には見えなかったけど、立ち上る香りが違うね。麺は中太縮れ麺。具は大きめの薬味ネギ、細切りメンマ数本、三角に切られた海苔1枚、サッパリチャーシュー1枚。スープは表面がラードに覆われ、酸味さえ感じるほど煮干しの味が強烈に主張してくる。『永福町大勝軒』を連想してしまった。どこにでもありそうでいってない一杯。少なくとも横浜では皆無と言っていいタイプのラーメン。吉祥寺で過ごした休日をビシッと締めくくってくれた一杯となった。

帰りも東京経由で横浜へ戻った。

« 新緑井頭 | トップページ | 臥竜再訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥春木:

« 新緑井頭 | トップページ | 臥竜再訪 »