カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鶴見肉詰 | トップページ | 中山黒浸 »

2018年4月22日 (日)

暑春豚桜

昨日に引き続いて夏日となった4月下旬の日曜日。遠出はせず近場で買い物。井土ヶ谷から弘明寺あたりを歩いた。弘明寺商店街を抜け鎌倉街道へ。その街道沿いにある2012年創業の『とん桜』を今日の目的店に選んだ。店主はイタリア料理店で修行した経験を持ち、『とんぱた亭』で修行した元店員とこの店を作ったそうだ。我は開店記念セールの時の2012年3月4日に一度訪問したきり。6年ぶりの再訪となる。入店すると入口に券売機。厨房には男の店員2人とおばさん店員1人。L字型カウンター10席と4人がけテーブル席2卓。ちょうど正午頃の入店だったが先客5人で後客9人。

180422tonzakura00 180422tonzakura01 とんこつラーメン とん桜 『キャベ玉ラーメン(麺かため・油多め)』 750円

店頭でオススメしていたキャベ玉を家系定番の好みを指定し注文。トッピング付きなのに意外と安いなと思ったら、基本のラーメン550円というコスパは何?ほどなくして提供された一杯はなかなかいい顔をしている。麺は中太やや縮れ。具は家系標準にキャベツと味玉丸1個。スープはかなりあっさりした豚骨醤油スープ。ここまでくると豚骨やや濃い目の醤油スープと言っていいのではないか?家系として食べるとかなり違和感を感じるだろうが、このキャベツとして食べた場合は絶妙のバランスを感じる。これ美味いね。味玉は黄身しっとりでやや塩味がついているのも好印象。家系ラーメンという先入観さえ無ければなかなかの一杯。こんな安くて美味いのならもう少し訪問回数を増やしておけば良かった。年を経て我の好みが変化したのが大きいのかもしれないけど。大満足で店を出た。

« 鶴見肉詰 | トップページ | 中山黒浸 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑春豚桜:

« 鶴見肉詰 | トップページ | 中山黒浸 »