カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 情熱徳島 | トップページ | 本屋巡回 »

2018年3月16日 (金)

再訪品一

十年後しの再訪シリーズで過去の自分の日記を読み返していると、こう言っては失礼だが意外な店が営業を続けている事が多い。ラオタ達が行列を作り華々しく開店した店がいつの間にか人知れず閉店していたり、ラオタ達がほとんど見向きもしないけど、地元の人々に普通に活用され地味に10年以上営業を続けている店もある。我は後者の店の方に親近感を感じる。今夜の目的店『品の一』は明らかにその後者にあたる店だ。我は2008年2月24日に一度だけ訪問している。正に10年越しの再訪だ。

東戸塚駅から結構離れているし、雨も本降りになってきたのでバスに7分ほど乗車し品濃口というバス停で下車。徒歩3分ほどで店に到着。ああ、この店名は地名からとったのか。だったら豚骨ラーメン店なのだから「濃」の漢字も残せばよかったのに、スープの濃淡は関係なしに。何か言われたら「いや地名なんで」と切り返せば良いわけだから。と余計な事を考えた。店舗は他店舗とつながっていて、店前は駐車スペースとなっている。早速入店。厨房には男の店員3人。厨房前に一列のカウンター9席。2人がけテーブル席6卓。先客9人後客3人。先客は子連れママ友達で大騒ぎだ。口頭で注文。料金後払い。

180316shinanoichi00 180316shinanoichi01 豚骨らーめん 品の一 『しょうゆらーめん(中盛・麺かため』 670円

メニューは醤油・塩・味噌、他に和風ラーメンとつけ麺がある。初訪問時は塩を食べていたので10年越しの再訪になる今回でようやく筆頭の醤油を注文。中盛り無料なので選択。麺かためを指定した。あまり待たずに提供された。麺は四角く白っぽい中太やや縮れ麺。ワシワシした食感でいい感じ。具は薬味ネギと茹でもやし、海苔2枚、トロトロチャーシュー1枚半。スープは豚骨醤油。鶏油を感じないので家系とは違う。でも醤油と豚骨のバランスがほどよい。腹減っていたからかも知れないが、事前予想を上回る美味さだった。でも後半、茹でもやしで触発されたか、卓上からおろし生にんにくを投入したら二郎っぽく、これもなかなか良い味変となった。

180316shinanoichi02 +『チャーシュー丼』 320円=990円

再訪シリーズ恒例、サイドメニューのチャーシュー丼を頼んでみた。こちらはご飯の上に甘口タレがかかったトロトロチャーシューが3枚のり、その上に少量のきざみ葱がのっただけのもの。チャーシュー自体は美味かったが、あまりひねりがないそのままの一品だった。今回はラーメンが美味かったので満足して退店出来た。

電車を使わずバスを乗り継いで帰路に着いた。

« 情熱徳島 | トップページ | 本屋巡回 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再訪品一:

« 情熱徳島 | トップページ | 本屋巡回 »