カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 雪降春分 | トップページ | 鶴見深探 »

2018年3月23日 (金)

矢向夜行

このところ一週間の内にラーメンを食べる回数が増えたなー。連食を止めても元の木阿弥だ。いかんなーといいつつ今夜も未訪問店を開拓してしまった。いつも参考にさせていただいているブログに紹介されていた『絶の味(ぜのあじ)』という店。場所は南武線矢向駅から踏切渡って徒歩2分弱のところにある。以前訪問したことがある『柳麺』という店があった場所だ。でも何か聞いたことがある屋号なので既に訪問済の店かと思いこんでいた。自分の日記を読み返すとそれは日吉駅近くにあった同名の店だという事がわかった。同じ家系を模した醤油豚骨の店だし、関係はあるのはあるだろうが、移転したのか、別の店舗なのかはわからない。夜に来たせいだが店前の照明が暗く店が発見しにくかった。早速入店。入り口脇に券売機。厨房には男の店員1人。厨房周りにL字型カウンター8席。先客2人後客ゼロ。

180323zenoaji00180323zenoaji01 横浜家系 絶の味 矢向店

『絶の味らーめん(麺かため)』 650円+『ライス』 50円=700円


屋号を冠した基本メニューとライスのセットを注文。ご飯もののサイドメニューはなかったけど、家系風ラーメンには白飯が一番合うのでこれでいい。しかも本当に茶碗一杯分の量でこのお値段だからそりゃ頼むよ。さてメインの方。好みは聞かれなかったが麺かためは指定出来た。見た目はバッチリ家系っぽい。でもチャーシューが3枚くらい入っていた。麺は結構なボリュームがあったが、我の苦手なストレート平打麺。スープは完全醤油寄りの醤油豚骨。結構味濃いめ。労働の後なので美味しくいただけた。満足。

予報では深夜雨が降ると言っていたがもう雨が降り出した。家路を急いだ。

« 雪降春分 | トップページ | 鶴見深探 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢向夜行:

« 雪降春分 | トップページ | 鶴見深探 »