カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 虎吉再訪 | トップページ | 矢向夜行 »

2018年3月21日 (水)

雪降春分

18032102 春分の日。休日の水曜日。昨夜から冷たい雨が降っていた。雪になるかも知れないと予報ではいっていたが10時前にはみぞれになっていた。こんな日は家に引き篭もっているに限る。でもサミットまで買い物に出かけた。せっかくの休日だもの。で、そのまま港南環二方面にまでいくつもりでいたが、その頃には雪が本降りになってきたので断念した。これは早々に帰宅するべきだ。近場で早々に代わりの店を探す。そう言えば『新福菜館』伊勢佐木町店が今月30日に閉店してしまうという悲報を聞いた。開店から約3年で撤退か。店主の体調不良が原因だという。この辺りでは貴重なご当地ラーメンの店だったのに。言い訳がましいが、近場過ぎていつでも行けると後回しにしてしまっていた事が悔やまれてならない。最後のお別れ訪問をしなければと考えていたけど今日は定休の水曜だったはず。一応下見をしたら暖簾が出ていた。これはもう決定。時刻は11時半くらい。最後の暖簾を割る。厨房には男の店員が3人くらい。店中央の券売機で食券を購入。先客2人後客2人。口頭で注文。

180321shinpukusaikan00 180321shinpukusaikan01 180321shinpukusaikan02 中華そば専門店 新福菜館 伊勢佐木町店

『背脂入り中華そば』 700円+『焼きめし』 300円=1100円


やはり新福菜館は中華そばと焼きめしのセットだろう。我の好きな背脂入りという選択肢もあったので注文してみた。新福菜館の特徴として見た目は濃そうで食欲をそそる感じなんだけど、意外とあっさりなんだよね、中華そばも焼きめしも。京都本店とはそりゃ味もそのまま同じというわけにはいかない。でも、それでも『新福菜館』なんだよ。伊勢佐木町に『新福菜館』があった時代があったという事を懐かしく思う日が来てしまうのか…。寂しい限りだ。

雪は本格的に降り始めたけど、ちょっと遠回りになるが山元町までバスで移動し、我お気に入りのフライ屋『さかい』に向かった。正午前だったけど暖簾が出ていて安堵した。

180321sakai00 フライのさかい

ポテトとうずらの玉子と串カツを数本購入。ここのソースがやみつきになる美味さなんだよな。帰宅してベランダから見るとすっかり雪景色が広がっていた。このアツアツ串揚げポテトをホクホクと食べながら温かい自分の部屋で映画を見てゆったりと至福の時を過ごした。今日が休みで本当に良かった。

« 虎吉再訪 | トップページ | 矢向夜行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪降春分:

« 虎吉再訪 | トップページ | 矢向夜行 »