カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 中田源泉 | トップページ | 家系本店 »

2018年1月19日 (金)

辛味噌楓

金曜の夜、帰宅途中に横浜で途中下車。鶴見日ノ出町と横浜市内で勢力拡大中の北海道ラーメン店『楓』。本店は雑色にある…と思っていたら、2007年5月7日に訪問済だったよ。このところ過去の日記を読み返して発見した。我ながら凄いな。何が凄いのかわからないけど。で、その『楓』が横浜西口店を昨年10月16日に開店。場所は岡野町交差点そば。この交差点付近には家系総本山『吉村家』を筆頭に、『一風堂』『天下一品』『ぶらぶら』『横浜家』『ニュータンタン本舗』『ゴル麺』と強豪からそうではないのまで揃えてしのぎを削る激戦区となっているのだが、そこに新たに参戦したというわけだ。去年から開店の情報は入っていたのだがどんどん後回しにしてしまった。ようやく入店。客席は入口側に2人がけテーブル席2卓と4人がけテーブル席2卓。奥にある厨房前に一列のカウンター6席。先客8人後客ゼロ。厨房には男の店員が1人だけ。えー、これは待たされるなーと思ったら、しばらくして奥からもう一人の男の店員が出てきた。賄いでも食べていたのか。口頭で注文。料金後払い。

180119kaede00 180119kaede01 北海道らーめん 楓 横浜西口店

『辛味噌らーめん 1辛(麺かため)』 880円


『楓』ではいつも味噌しか注文した事がない。かと言ってこの季節に醤油や塩を頼むのは何だか気が進まない。そう思ったらメニュー表外に「辛味噌らーめん」の写真が貼られている。これはいいや。辛さも選べるらしいが標準の1辛で注文。麺かため指定も通った。ブリブリのちぢれ太麺。具はメンマ、玉葱、もやし、白髭ネギ、平メンマ数本、チャーシュー1枚。まるで昔の家系店のように海苔1枚が伏せられた形で登場。海苔を立てて撮影。スープはこってりとしている。標準でも我には結構辛かった。

180119kaede02 +『楓ごはん』 300円=1180円

サイドメニューとして屋号を冠した「楓ごはん」というものを注文。冷しゃぶが乗ったごはんだ。茹でられた豚バラスライスの中央にポン酢がよく染みた大根おろし。サッパリしてこってりラーメンに合うね。味が濃いチャーシュー丼もいいけど、こういうサッパリ飯がラーメンには相性がいいというのが知ることが出来た。この店の味噌ラーメンは期待を超えるような事はなく、想像通りの味なんだけど、何故か満足度が高いんだよ。普通に美味い。この言葉がとても似合う店だと思う。満足して退店した。

« 中田源泉 | トップページ | 家系本店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辛味噌楓:

« 中田源泉 | トップページ | 家系本店 »