カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 飲夜鹿島 | トップページ | 光家再訪 »

2017年12月16日 (土)

冬樹味噌

171216hamamatsuchyou01 昨夜飲んで遅い帰宅になった。風呂にも入らず布団にバタンキュー。快晴の土曜日の朝を迎えたが、時計を見ると7時半。今日は朝イチで床屋の予約を入れていたので目を覚ました後身支度をして家を出た。床屋というのはこの歳になっても面倒な意識が抜けきれない。「まだ大丈夫」とチンタラしているとこんなに不快な思いをする。床屋には先週予約を希望したのだが生憎時間が折り合わず今週まで伸びてしまった。なので待ち望んでいた。伸びだ髪はバッサリと短くしてスッキリ出来た。そのまま横浜駅に電車で移動し買い物をした後相鉄線各駅停車に乗車した。星川駅で下車し5分ほど歩いて『めん処 樹』に到着。約1年半ぶりの訪問になる。今回は季節限定の味噌狙い。到着したのは開店5分前。既に店脇の駐車場に9人並んでいた。開店時間ピッタリに開店したが初回には入れず20分以上待ってから入店を促された。店内隅の券売機で食券を購入してから店内で更に5分ほど待って着席。厨房には店主夫婦と思しき男女2人。店主は『隠國』出身だったね。厨房周りにL字型カウンター8席。

171216tatsunoki00 171216tatsunoki01 めん処 樹 『味噌らあ麺』 850円


連食予定なので目的のメニューのみをシンプルに注文。麺は白っぽい中細ストレート。具は薬味ネギと水菜、揚げネギ、細切りメンマ、チャーシュー1枚、海苔1枚。スープは見た目はあっさりした感じを受けるが、かなりしょっぱさが際立つ味噌味。味噌汁にかなり塩分を効かせラーメンにしたような印象を受けた。この店らしい一杯でレベルは高い。でも基本の醤油や塩に比べると一枚落ちる印象。基本メニューにならず期間限定になっている事を納得させられた形になった。でも満足は出来た。

その後洪福寺松原商店街に向かって買い物をした。薬屋入っただけだけど。なかなか活気があって良い商店街だね、

« 飲夜鹿島 | トップページ | 光家再訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬樹味噌:

« 飲夜鹿島 | トップページ | 光家再訪 »