カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 咖喱台所 | トップページ | 日出臥竜 »

2017年12月 1日 (金)

中山岩漿

もう12月だよ。毎年思うけど「もう今年も終わり?」と思う頻度と度合いが年々増している気がする。そして4連休明けの職場は業務が溜まっていたり事件が起きたりと結構ハードだったが、何とか乗り越える事が出来た。その帰宅途中に中山駅で下車し新店開拓だ。以前は『壱八家』系統の『壱國家』本店を名乗っていた。契約が切れた際に『三國家総本店 中山道場』に屋号が変更された。前々から行こうと思っていたけど、屋号が変わっただけで家系だから大して変化ないだろうと後回しにしていた。それが突如先月25日にニュータンタンメン系の店に鞍替えしたと聞いた。家系を貫いていた店が何故路線変更したのだろうか?屋号は『中山マグマタンタンメン』。だからエントリータイトルを「中山溶岩」にしようとしたら、マグマは溶岩の事じゃないんだね。岩漿(がんしょう)というらしい。早速入店。店内隅に券売機。メニュー名は手書きで表示されていた。厨房には男の店員2人。厨房周りにコの字型カウンター13席。先客1人後客3人。

171201magmatantanmen00 171201magmatantanmen02 171201magmatantanmen01 中山マグマタンタンメン

『タンタン麺(大辛)』 750円+『半チャーハン』 350円=1100円


筆頭基本メニューを注文。辛さは5段階から選べた。連食予定にないので半チャーハンも注文。なかなか強烈に辛そうなビジュアル。麺は中太ストレート。味はニンニクと唐辛子がガツンと効いて結構ハッキリクッキリした印象。チャーハンも味濃いめ。少々塩分高めなのかな?労働後だと嬉しい感じだが多少濃い味付け傾向にあるようだ。ボリューム多め傾向。今日のところは満足して退店出来た。

併設されているあおば食品館で買い物をして、薬屋でマスクを箱買いしてから帰路についた。ようやく週末を迎えられる。

« 咖喱台所 | トップページ | 日出臥竜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山岩漿:

« 咖喱台所 | トップページ | 日出臥竜 »