カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 讃岐帰還 | トップページ | 咖喱台所 »

2017年11月26日 (日)

弥生蘭州

4連休の最終日にあたる日曜日。今日も良い天気だけど近くのスーパーで買い物するくらいで遠出はしない予定。香川遠征のブログ進行が順調に煮詰まっているし。そして昼も特に予定は決めていなかった。ただ気になっていた先日発見した『バーグ』の隣の蘭州拉麺の店が気になっていたので行ってみると既に営業していた。早速入店してみた。厨房には中国系の男女の店員二人。厨房前に一列のカウンター6席と4人がけテーブル席2卓。先客3人後客ゼロ。口頭で注文。すると店主と思しき男の店員が小麦粉の塊を伸ばし麺を作り始めた。目の前でやってくれるのは面白いね。

171126gyuunikuramen00_2 171126gyuunikuramen01 中国蘭州 牛肉拉麺 横浜店 『牛肉ラーメン』 842円

基本ぽいメニューと注文。ラー油の量を聞かれたが、明確な基準があるような感じじゃなかったので少し入れてと注文した。パクチーの有無も聞かれたけど我はもちろん有りを選択。手延麺の不揃いな感じもまた「味がある」。具は葉ニンニクと大根と人参のスライスされたもの。あと小さな角煮みたいな牛肉が3個入っていた。そしてパクチー。神田の『馬子禄牛肉面』と比べるとかなり荒削り。でも味にそれほど大きな差はない。こんなもんでしょう。でもラーメンがたべたくなってこのラーメンで満足できるかといったら出来ないだろう。全く別の料理と言っていいモノ。元々は回教徒の食べ物と聞いたことがある。食後、女店員に「この店新しいのでよかったら感想をお聞かせ下さい」とたどたどしいながらも日本語で聞いてきたので、味も量もこれでいいと答えておいた。ただ外税表示止めてほしいなー。

« 讃岐帰還 | トップページ | 咖喱台所 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生蘭州:

« 讃岐帰還 | トップページ | 咖喱台所 »