カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 横浜蒙古 | トップページ | 竹末東京 »

2017年11月 3日 (金)

純肝甘丼

三連休初日。当初は紅葉でも見に遠出しようかと考えていた時もあったが事情により取り止めた。今週は多忙だったので疲れていたので助かった。不幸中の幸いだ。今朝は我にしては遅い8時過ぎに目が覚めた。予報ではあまり天気は良くはないはずだったのに快晴。急遽布団干しをした。このところ雨続きだったので、こんな青空を見てしまうと外へ出かけないと、という気になってしまった。

171103yokohama01 さてそんなわけで今日は何の予定も考えていなかった。行きたいと目星を付けている店もない。いつも参考にしているサイトに目を通したり、自分の胃袋に何が食べたいか問いかけたりしたけど一向に埒が明かない。そうこうしている内に10時を過ぎてしまったのでとりあえず家を出る形となった。移動しながら考えた。ここまで考えて思い浮かばないのはラーメンやカレーではない。孤独のグルメだ。ドラマの中で五郎さんが入ったラーメン店があったはずだ。そこに行ってみる事にするか。目的地は亀戸に決定。京浜東北線で秋葉原に出てから総武線に乗り換え亀戸に到着したのは朝11時20分くらいだったかな?京浜東北線が遅れてすっかり到着が遅くなった。目的の店は駅から歩いて10分以上かかったかな?なので開店予定時刻より15分ほど過ぎたあたりで到着した。ドラマ孤独のグルメSeason5第10話に登場した『ラーメン菜苑』だ。白地に赤文字でラーメンと書かれた暖簾が眩しい。店前には4人くらい待ちが生じている。しかし5分も待たない内に入店を促された。厨房には男の店員3人と女の店員1人。L字型カウンター18席。いい感じに汚れた、敷居の低さを感じるいい雰囲気。口頭で注文。

171103saien00 171103saien01 ラーメン 菜苑 『純レバ丼』 1100円


ラーメン店であるが今回は孤独のグルメ。五郎さんが頼んだ噂の純レバ丼を注文。薬味ネギ山盛り、そして汁気の多いタレにまみれた鶏レバーがゴロゴロ。中華スープが付く。セオリーに沿ってぐちゃぐちゃに混ぜて食した。シャキシャキネギの食感がいいね。濃いタレはピリ辛。唐辛子片が見える…のはずだが、辛さが感じられない。五郎さんは「辛さが甘さに勝っている」と言っていたのに。昨夜の『中本』で舌が馬鹿になったのか?甘さがくどく感じてしまった。だから中華スープが活躍した。ドラマで急激に人気店になってしまうと味を維持するのが難しくなってしまうのかなー。

店を出るとそこにはまだ待ち客は数人いた。

« 横浜蒙古 | トップページ | 竹末東京 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純肝甘丼:

« 横浜蒙古 | トップページ | 竹末東京 »