カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 純浸紅葉 | トップページ | 牛焼咖喱 »

2017年11月18日 (土)

土保土谷

実は…というほどでもないのだが、今週半ばあたり風邪をひきはじめ、微熱と痰が出てきてしまった。ヤバイ!と思って早めに薬を飲んで早めに寝ていたら何とか復帰傾向になり会社も休まず乗り切る事が出来たようだ。とは言っても我も歳を重ねる度に回復力が落ちてきているので週末は養生しておこうか。今日は雨の1日という予報だったので、これを好機と考え家に引きこもろうか。そう考えていた。なので早朝にゴミ捨てをした後二度寝した。そうしたら良く寝れた。再起床は10時くらいだったかな?その甲斐あって大分疲れは抜くことが出来た。窓の外をみると空に雲は立ち込めているものの雨はまだ降っていない。いつもは日曜に食糧を買いに行くのだけど近場に買い物に行って雨が降らない間にすぐ帰ってこよう。そう思い井土ヶ谷のサミットへ行った。でもいざ行ってみると買い物だけで納める事が出来なくなり、バスで保土ヶ谷まで移動した。今日の目的店は『櫻井中華そば店』にした。開店直後の9月に訪問した時印象が良かったし、今は醤油味の中華そばが食べたい気分だったから。店に到着したのは開店直前。既に3人開店を待っていたが、並んだ途端に店主が暖簾を出す為に店内から出てきた。列に続いて入店。入口の券売機で食券を書い店員に渡す。「お好きな席にお座り下さい。」と言われた。接客は控えめだけど丁寧だね。厨房には前回同様店主夫婦と思しき男女二人。先客3人後客6人。

171118sakuraicyuukasoba00 171118sakuraicyuukasoba01 櫻井中華そば店 『特製中華そば』 990円


今週体調が悪くならなければ当初は東京の中華そば店を狙っていたので、その残念な気持ちをリカバーしようと、前回同様特製で頼んだ。やっぱ見た目がいいね。まずスープを一口。あー、信州黄金シャモの鶏油のほどよい旨味を感じる。そこに生揚げ醤油の味と相まって、これは中華そばでなければ味わえない味。さらにもちもちした食感の中太縮れ麺の喉越しが良い。具材もひとつひとつ良かったけど、純粋にスープと麺の味わいが素晴らしいので特製じゃない方が良いかも。初訪問時の印象は間違いではなかった。やはりこの店はレベルが高い。文句なく汁一滴残さず完食。大満足の一杯だった。

土曜日に保土ヶ谷近辺に来る事がないのでもう一軒行ってしまおうかというすけべ心が出てしまった。保土ヶ谷橋近くの『いわみや』と『中華堂』は共に日曜定休なのでどちらにするか迷ったけど、結局『中華堂』を選んだ。初訪問時の印象が良かったから。初訪問と言っても11年以上前に一度訪問しただけなんだけど。真っ黒な外装の店。こんな店だったけかなー。記憶と違う。早速入店。先客はいない。細いコの字型カウンター9席。ああ、この席は記憶にあるなー。給水器に水を注いで着席。厨房にはおじさんおばさんの2人。内装は昔ながらの町中華といった雰囲気。口頭で注文。

171118chyuukadou00 171118chyuukadou01 171118chyuukadou02 中華堂 『ちゃーはん・支那そばセット』 1000円

この店は町中華と思いきや支那そばを出すので初訪問時、意外でちょっと驚いた記憶がある。それと炒飯が食べてみたかったのでセットを注文。ちょっと後悔。支那そばは醤油か塩か曖昧なくらい淡い味わいのスープで、そこにストレート細麺がマッチングされる。これが控えめだけど美味いんだ。初訪問時の好印象はこちらでも間違いでは無かった。そして炒飯の方はしっかりとした味付けと油分が感じられパラパラで我好みの一皿。食べている間に作業服の男ばかりパラパラと来店し、結果満席。我の考える正しい町中華の光景となった。この人気がこの店が間違いない店であることを物語っている。こちらも大満足。だけどまた食べ過ぎてしまったよ…。

雨はポツリポツリと落ちてきた。駅前のバスターミナルに戻って帰路に着いた。

« 純浸紅葉 | トップページ | 牛焼咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土保土谷:

« 純浸紅葉 | トップページ | 牛焼咖喱 »