カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 闇憑跡麺 | トップページ | 唐揚炒飯 »

2017年10月28日 (土)

一風発明

『一風堂』関内店が今年7月一杯で人知れず閉店していた。2014年末に開店だから約2年半だったか。あの地階店舗で挑むとは流石一風堂だと思っていたが、やはり…。個人的には前から書いている通り『一蘭』派なのであまり影響は無いのだが、『一風堂』はたまに出す限定ラーメンが面白いんだよ。今回は創業32周年記念メニューとして考案された一杯。題して「ソースとんこつ大発明」。ソースというのはキワモノのように思われがちだが、既にご当地ラーメンとして千葉船橋の地麺「ソースラーメン」があるし、ラーメンというより焼きそばに近いのも入れると栃木塩原の「スープ焼きそば」青森黒石の「つゆ焼きそば」なんてのもある。そういうのを食べ歩いてきた我としてはソース味も好きだし面白そうだなと思い、『一風堂』横浜西口店にやって来た。おー、店の外観まで変えて限定メニューを推してくるとは相当の自信があるという事か。開店時間ピッタリに本日最初の客として入店。厨房には男の店員ばかり4人。口頭で注文。後客4人。

171028ippuudou00 171028ippuudou01 博多一風堂 横浜西口店 『ソースとんこつ(粉おとし)』 850円

目的のメニューを注文。 一見家系ラーメンの豚骨醤油のようにも見えるがソースの匂いが漂う。麺はおそらく通常の麺と同じ極細ストレート麺。粉おとしを指定。具は薬味ネギ、チャーシュー2枚の他、焼きそばをイメージしたであろうキャベツと紅しょうがも入っている。更に温泉玉子1個。スープはやはりソースの味が勝っているが豚骨と合わせるとまろやかになるんだ。過去食べたソース味のラーメンは鶏ガラ醤油にソースを加えていたからソース豚骨というのは初めて食べた。食べ慣れた豚骨スープから比べてしまうと拒否感を覚える人も多いだろう。でも我はこういう下品なB級的な味わいが好きだ。当初今月末までの限定だったが来月末まで提供されるように変更されたようだ。しばらくすると太麺での提供もあるらしいので、もう一度注文してしまうかも知れないな。

« 闇憑跡麺 | トップページ | 唐揚炒飯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一風発明:

« 闇憑跡麺 | トップページ | 唐揚炒飯 »