カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 綱島咖喱 | トップページ | 薔薇家系 »

2017年10月18日 (水)

横浜蘭麺

再度訪れた秋雨前線の合間の晴れ間がのぞいた水曜日の夜。久々に横浜中華街に訪れた。今晩の夕食はここで食べる事にした。何でもこの横浜中華街に蘭州拉麺専門店が今月10日に開店したという。蘭州拉麺と言えば話題になったのが8月神田に開店した『馬子禄牛肉麺』日本1号店だ。連日行列が生じて大人気と報道された。機を見るに敏。「蘭州拉麺で日本でお大儲けネ」。燃える商魂。そう考えたかは知らないけど、いち早く店を出したというわけだ。で、その策にまんまとかかる我である。到着したのは夜7時頃。平日夜の中華街、週末で行列を生じる店も客はまばらで余裕で入って注文出来る状態。目的の店もそんな感じだった。あー看板まで『馬子禄』と似たデザインにしちゃってる。早速入店。厨房は見えない。おばちゃんと若い男の店員だけが見えた。どちらもラフな普段着だ。客席はテーブル席のみ。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席4卓。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

171018ransyuugyunikuramen00 171018ransyuugyunikuramen01 蘭州牛肉拉面 『蘭州牛肉拉面』 950円

もちろん看板メニューを注文。他にビャンメンなる汁なし麺メニューがあった。一緒にご飯系も頼みたかったけど見当たらなかった。まあ本場ではそういう食べ方はしないらしいけど。注文してから厨房の奥でバンッ!バンッ!と音がした。本当に打ち立て麺だ。うどんのように太かったり、末端が細かったり、団子のようになっていたり。でもこれこそが本物の拉麺だ。具は葉ニンニクとパクチー、大根のスライス5枚、スライスされた牛肉4枚。スープは独特のスパイシーさを感じる透明度のある牛骨塩スープで白胡麻が浮いている。ラー油が別皿で提供されるのはいい。我はスプーン3杯分くらい入れたがちょうどいい感じだった。うーん、『馬子禄』に比べると1枚落ちるというか、強烈な二番煎じ感を感じる。それに高い。何で牛肉麺でこんなに高く設定するのか?価格に見合う満足度は得られなかった。こういう店は流行を追うので長続きしないだろうなと正直な事を思って支払いを済ませた後店を出た。

« 綱島咖喱 | トップページ | 薔薇家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜蘭麺:

« 綱島咖喱 | トップページ | 薔薇家系 »