カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 道玄咖喱 | トップページ | 雲呑賢記 »

2017年10月 1日 (日)

限鯵蕎麦

10月に入りめっきり秋らしくなってきた。日曜なので定番の伊勢佐木町への買い物へ。特に行きたかった店も無かったので出たとこ勝負で入っちゃおうと、我にしては珍しく無計画で出発。まずは横浜橋商店街を抜けて食材を買って大通り公園側に出た。あー、そう言えば『麺屋M』。このところ食べ過ぎでこってりは無理なタイミングだったので最適だ。今日はここにしよう。ちょっと開店まで時間があったので辺りをフラフラとした。そして暖簾が出された直後に入店。この店には三度目の入店(『影薄変貌』参照)。当然最初の客。厨房には店主の他に若い男の店員1人。後客2人。

171001manyam00 171001manyam01 麺屋M 『鯵そば』 850円

入口脇の券売機に限定メニューが宣伝されていたのでこれに決定。初訪問で基本メニューばかり食べている我にしては限定メニューを注文するのは珍しい。三度訪問の店故の事だ。この麺は以前食べた『煮干しそば』と同じものだ。やや茶褐色を帯びたかための縮れが強い麺は、秋田、山形の地麺に通じるものがあり。我が好きな麺だ。具は玉ネギのみじん切りと、紫玉ネギの角切り、レアチャーシュー2枚のみ。スープは鯵の味わいが上品な感じ。鯛の油と鯵と水だけで作ったのだそうだ。具もスープも麺もすごく素朴だけどこれが良い。余計な具材をのせないところが良いのだ。玉ネギ好きの我からすると特に。この店は最初凄く地味だったけど徐々に良くなってきている。悪戦苦闘して迷走してしまう店が多い中、これは珍しいパターンだ。まだ入りは寂しい感じだが、一気に行列店に化ける可能性は十分に秘めている。

その後買い物をしながら伊勢佐木モールを抜け馬車道方面へ。『海老秀』がリニューアル中というので偵察してきた。『元祖横浜ワンタン本舗 港軒』、10月5日オープンと書いてあった。更に進むと以前家系ラーメン店だった『大田家』が『香港雲呑専門店 賢記』に変わっていた。この辺りは雲呑続きになるね。

« 道玄咖喱 | トップページ | 雲呑賢記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65859906

この記事へのトラックバック一覧です: 限鯵蕎麦:

« 道玄咖喱 | トップページ | 雲呑賢記 »