カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 月八王子 | トップページ | 日本満点 »

2017年9月 5日 (火)

馬子禄来

中国甘粛省蘭州に創業百年以上の歴史をもつ、中国本土1番人気のラーメン店と呼び声高い『馬子禄牛肉面(マーズルーぎゅうにくめん)』が、先月22日神保町に1号店を出店した。店主は日本人で、中国へ留学した際、蘭州ラーメンにハマって、馬子禄本店に何度も頼み込んで弟子入りを許可され、厳しい修行の末この度日本に店を出店する運びになったという。開店以来行列が絶えない大変な人気だという。我は今日まで遅い夏休みという事で、最終日を利用して行ってみる事にした。京浜東北線に乗り向かったが、品川手前で停電被害で20分近く社内に閉じ込められてしまった。何やってんだよ、もう。品川から京浜急行に乗り換え三田から三田線に乗り神保町に到着したのは開店時刻を8分ほど過ぎてしまった。案の定20人以上の大行列が出来ていた。すぐ目的店の行列とわかり後ろに並ぶ。開店時間の20分前に到着する予定で家を出たのに!結局35分待ちで入店出来た。入口に券売機。でもメニューは1種類のみで麺が細麺・平麺・三角麺の三種類から選べる。あとはパクチーと牛肉増量トッピングだけ。内装は高級中華茶房のようで胡弓の音楽が流れ雰囲気たっぷり。客席はテーブル席のみで45席。厨房は奥にありガラスの向こうで男の店員が3人ばかり麺を打っていた。あとは接客担当の日本人らしい女の店員が3人。接客は高級中華料理店並に丁寧。

170905maazulu04 170905maazulu01 蘭州拉麺 馬子禄牛肉面 神田神保町店

『蘭州牛肉麺(三角麺)』 880円


細麺が初心者にはオススメらしいが、興味を惹かれた三角麺で頼んでみた。パクチーの有無とラー油の量も店員に聞かれたが、全てノーマルの量を注文。ほどなくして着丼。パクチーの匂いが強烈だ。三角麺は手延らしい不揃いの肉厚平打ち麺といった感じ。具は大量のパクチーと葉ニンニク、大根、牛肉スライス。底の方には細かい牛肉片もあった。スープは牛骨と種々の薬膳スパイスで作ったあっさりしたものらしいが、ラー油に押されてしまっている。ラー油は少なめの方が日本人には合う感じ。とにかくパクチーとラー油の味、そして牛肉の甘み。台湾で食べた牛肉麺と基本的に同じ。でもこれほど高級感がある牛肉麺は初めて食べた。それにしても蘭州拉麺が日本にやって来たか!という思いもありつつ、今頃?という気持ちもある。これだけ中国人が日本で生活しているのに故郷の味も懐かしくなる人も多いだろうし、日本で一旗揚げてやろうと思う人もいたっておかしくないと思うのだが。結局日本に蘭州拉麺を連れてきたのは日本人だったか、と思うと不思議に思った。

« 月八王子 | トップページ | 日本満点 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬子禄来:

« 月八王子 | トップページ | 日本満点 »