カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 盛岡的屋 | トップページ | 地麺体質 »

2017年9月 1日 (金)

盛岡冷麺

盛岡繁華街にある事前予約していたホテルに到着。平泉で自転車で走り回ったので結構疲れてしまい90分弱ほど休憩した。そして身軽になってホテルを出て夜の盛岡の街に繰り出す。盛岡にはご当地ラーメンは存在しないが、いくつかの地麺が存在する。「わんこそば」「じゃじゃ麺」、そして「盛岡冷麺」だ。我は結構冷麺は好きだったりするのだが、ちゃんとした盛岡冷麺というのを食べた事がない。だから食べてみたいとは思っていた。どうせ食べるなら盛岡冷麺発祥の店といわれる『食道園』を狙う。その店は宿泊しているホテルから徒歩1分程度のところにあった。昭和29年の創業らしいがビル1階に店舗を構えあまり歴史も感じない内外装にちょっと拍子抜けした。ただ木の看板に「元祖平壌冷麺」と書かれていた。午後7時過ぎに早速入店。店内は客がまばらで店員は若い男の店員が4,5名。コンロ付きのテーブル席が15卓くらいあったかな。冷麺専門店などではなく、しっかりと焼肉店だった。

170901syokudouen00 170901syokudouen01 食道園 『冷麺(辛さ普通)』 900円

焼肉セットもあったけど余計なものを食さない。冷麺単品を注文。辛さは4段階選べるが普通にしておいた。本場では蕎麦粉を使ったねずみ色の麺で日本人には色的に抵抗があったので、この店では小麦粉とじゃがいものデンプンを使った事が盛岡冷麺のはじまりだそうだ。具はカクテキ、ゆで卵半個とキュウリの漬物数切れ、味付け牛肉の細切れ。食べ慣れた中華麺に近く確かに食べ易かったけど、個人的には心太のような本場の麺が冷麺っぽくて好きかな。とりあえず名物盛岡冷麺を食べることが出来たので満足だ。

« 盛岡的屋 | トップページ | 地麺体質 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡冷麺:

« 盛岡的屋 | トップページ | 地麺体質 »