カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 折本徘徊 | トップページ | 馬子禄来 »

2017年9月 4日 (月)

月八王子

空はどんよりと曇って小雨が降る月曜日。せっかくの夏休みなのだから外出せずに家に引き篭もってゆっくりと過ごそうと思ったが、平日休暇という貴重な時間をドブに捨てる感じがしたので出かける事にした。食べログ「百名店2017」で紹介されていた店の中で未訪問で興味を惹かれた店が八王子にいくつかあったので行ってみる事にした。岩手旅行で出来なかったプチ地麺巡りだ。八王子ラーメンは横浜家系以外ではご当地ラーメンらしいご当地ラーメンだからね。横浜線で終点八王子駅に到着したのは朝10時40分過ぎ。こちらでも傘をさすか迷う弱い雨が降っている。最初に向かったのは駅南口から徒歩6分くらいのところにある八王子ラーメンの店『タンタン』。定休が土日祝、営業時間も昼の3時間半のみという難関店。何でも八王子ラーメンの代表格『みんみん』の元になった店だとか。ところが…

170904tantan00 タンタン

土日祝休みなのにその上、よりによって臨時休業かい!でも自分もそうだからな。店へ向かう道を歩いている時そうなんじゃないかという予感が走ったんだよ。あれは何なんだろう。

すぐさま踵を返し駅に戻り電車で隣の西八王子へ移動する。駅から徒歩1分ほどの大通りに面したところに目的の店を発見。『吾衛門』。こちらも八王子ラーメン店としては有名な店になる。到着すると店外で1人待ちの状態。中でも2人待っている。5分ほどの待ちで中に案内された。昔ながらの雰囲気がある店構え。厨房には男の店員1人と女の店員2人。厨房周りにL字型カウンター10席。来客は続いて店外の並びも増えたが、客の回転が良いのですぐ解消された。

170904goemon00 170904goemon01 中華そば専門店 吾衛門

『中華そば』 550円+『玉ネギ多め』 50円=600円


筆頭基本メニューを玉ネギ増しで注文。麺は細麺ストレート。具はメンマと海苔、大量の刻み玉ネギ。濃い目の醤油味のスープ。モロ我の好みの一杯。あーいいね!ご当地ラーメン食べている雰囲気が店からもラーメンからも感じら気持ちは高ぶってきたよ。それと同時に癒やされるような…。これは文句なしに汁一滴残さず完食。スープを飲むと玉ネギのきざみの喉越しがまた良い。

予定ではこれから立川方面に向かおうと考えていたが、八王子ラーメンの素晴らしさが心を打った為予定変更して八王子続行。再び八王子駅南口に戻り、東南方面に路地を進んで駅から歩くこと10分程度。急遽選んだ八王子ラーメンの店は『でんでん』という。八王子ラーメンの名店は○ん○んという昔のパンダの名前みたいな韻を踏んでいる場合が多い。広島の小鳥系のようで面白い。そういうワケでこの店を選んだ。暖簾は無事出ていたので入店。厨房にはおばちゃん店員が2人。厨房周りにL字型カウンター7席と2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席2卓。先客2人後客3人。口頭で注文。

170904denden00 170904denden01 らー麺 でんでん 『ラーメン』 550円

こちらも玉ネギ増しは出来たけど、美しさとバランスを損なうのであえてしなかった。あーやっぱり美しい顔をしている。麺は細麺ストレート。具は玉ネギと細メンマ、海苔1枚、バーナーで炙ったチャーシュー1枚。美味い。やっぱり八王子ラーメンはいい。こういうシンプルなラーメンに惹かれる。そして店の雰囲気もいい。予備知識なしで選んだにしては珍しく大正解の店だった。

『タンタン』にフラれた傷を補う為もう一軒行ってしまう。食べログ百名店で紹介されていた店『もつけ』という店で八王子ラーメン店ではない。昨年3月1日に開店したらしい。八王子南口といっても『でんでん』とは反対方向の南西方面にあるので15分くらい歩いた。到着時店前に5人も並んでいた。食券を買い我も並ぶ。10分くらい待って中に案内された。入口脇に小さな券売機。厨房には店主と思しき男とおばちゃん店員1人。厨房前に一列のカウンターに6席のみ。これは丁寧に作る職人気質の店主の考えだろう。その分厨房や製麺室にスペースを割いている。後客も相次ぎ店外の待ちの列は伸びた。

170904motsuke00 170904motsuke01 ほっこり中華そば もつけ 『味玉中華そば』 800円

結構待たされたが美しい顔の一杯が提供された。麺は中細平打ちストレート。はるゆたか等を使ってこだわった自家製麺だと卓上の薀蓄に書かれていた。具は薬味ネギ、小松菜、細切りメンマ数本、ロースとモモ肉の2種のチャーシュー各1枚、トッピングの半分に切られた味玉1個。煮干しの香る魚介醤油スープは見事な味わい。同じ八王子にある『圓』に似ているかもしれない。3杯目だけど最後まで美味しくいただく事が出来た。満足だ。

天気には恵まれなかったが、夏休みの期間中にプチ地麺巡りが出来て良かった。

« 折本徘徊 | トップページ | 馬子禄来 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月八王子:

« 折本徘徊 | トップページ | 馬子禄来 »