カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鴨居咖喱 | トップページ | 秋葉背脂 »

2017年6月16日 (金)

山手鳥虜

先々週の土曜日昼に訪ねてフラれた『鳥虜』山手店に行ってみることにした。どうしても行きたかったわけではないのだが、ちょっと悔しい記憶があったので解消しようという思いで。開店時間が正午設定。それが土曜の昼で営業していない。これはもしかしたら夜型人間の店主なのかと想像し、平日夜に行けば営業している可能性が大だな、と踏んで行ってみると果たして営業していた。そんな営業形態自体本来駄目だけど、この前はたまたまだったのかもしれないから。早速入店。入口脇に券売機。厨房には太った中年店主1人。コの字型カウンター9席。奥に上がりらしい席があるが雑然としていて使用しているかわからない。店内店外とも雑然としているので入りづらい雰囲気があるのだが、先客5人後客4人と意外と客入りは良い感じ。地元民に好まれている様子が伺える。

170616toriko00 170616toriko01 鶏白湯ラーメン 鳥虜 山手店

『塩ラーメン(細麺)』 780円+『味玉』 100円=880円

関内店で醤油を食べたが好みと合わなかったので、看板の塩を味玉トッピングで注文。麺は中太と細麺から選べる。縮れ細麺選択。具はザンギリ葱とほうれん草、海苔4枚と鶏チャーシュー2枚。トッピングの味玉の黄身はほぼ液体。塩鶏白湯スープはごく普通の濃度。鶏白湯自体我はあまり好んで食べない傾向にあるのを前提として言うと、あまりピンと来ない。美味しいかと聞かれればまあまあ美味しいという程度かな。でも隣のカップル客の男はやたら熱を入れて美味いと女客に話していた。我が近場に住んでいたら『介一家』派だろうな確実に。
帰りはiPhoneの地図アプリの案内に沿って今まで通った事のない道でそのまま歩いて帰宅した。平日なのにカレーとラーメンを両方食べてしまった。

« 鴨居咖喱 | トップページ | 秋葉背脂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65420099

この記事へのトラックバック一覧です: 山手鳥虜:

« 鴨居咖喱 | トップページ | 秋葉背脂 »