カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 豚骨林軒 | トップページ | 妄想印度 »

2017年6月 2日 (金)

清星坦々

疲れきった金曜の夜。でも1日やれることはやりきった充足感もあった。そんな夜の帰り道。桜木町駅で途中下車し日ノ出町方面へ歩を進めた。日ノ出町駅近くの半地下の店舗、『横浜市中区宮川町三丁目ラーメン』という鶏白湯をメインにしていた店が閉店した。結局開店当初に1回しか訪問せずに終わった。その前の『桜鳥』同様地味な店だった。そしてその跡地に昨日1日に開店したのが『麺屋清星(せいせい)』で、坦々麺をメインにした店だそうだ。早速入店。今日は暑かったので店内の冷房が嬉しい。店内は前の店からそう変わっていないように見えた。入口脇に券売機。厨房には中年男店主1人。L字型カウンター12席で先客7人後客ゼロ。

170603seisei00 170603seisei01 麺屋 清星 『清星特製坦々麺』 500円※オープン記念価格

オープン記念価格で500円という設定。まずは味を知ってもらうという意図だろうけどシンドイだろうね。とりあえず一番オススメという筆頭メニューを注文。通常価格は830円だそうだ。見た目はなかなかカッコイイ。麺は中細ストレート。具は白髭ネギ、糸唐辛子、青梗菜、砕きナッツと挽肉。胡麻のクリーミーな感じと辛味もいい感じで入っているスープ。更に山椒の風味と痺れがちゃんと効いているのが良い。本格的坦々麺、気に入った。坦々麺は時々無性に食べたくなるので、そうなった時また訪問したい。汁なし坦々麺も気になるしね。

« 豚骨林軒 | トップページ | 妄想印度 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65361588

この記事へのトラックバック一覧です: 清星坦々:

« 豚骨林軒 | トップページ | 妄想印度 »