カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 焼麺劔訪 | トップページ | 生卵咖喱 »

2017年6月10日 (土)

草枕咖喱

170610shinjyukugyoen01 『焼麺 劔』を出て副都心線西早稲田駅まで歩いた。日差しが厳しいね。副都心線に乗り2駅目の新宿三丁目駅で下車。新宿駅は言わずもがなだけど、新宿三丁目も丸ノ内線と新宿線も乗り込んでいるのでこちらも出口がいくつもあり迷路と化している。次の目的店は新宿御苑にほど近いビルの2階にある『curry草枕』だ。店主は北海道でスパイスマニアとして何らかの活動を経てから自分の店を出したところ、新宿で評判のカレー店と言われるようになったそうだ。狭い折り返し階段を登っていくと入口ドアの前で先客が一人待ち。よく見ると店内に5席待ち。ちょうど正午くらいの到着だったが人気店であるのは間違いない感じの人気ぶり。我の後にも来客は相次いでいた。待っている間にメニューを渡され口頭で注文。20分くらい待ってようやく席に案内された。厨房には男の店員3人と接客の女店員3人。客席は窓際に一列のカウンター6席と壁際に4席。2人がけテーブル3卓と4人がけテーブル席1卓、上がりに4人卓がひとつ。

170610kusamakura00170610kusamakura01 170610kusamakura02_2 curry 草枕

『なすチキン(5辛)』 880円+『ラッシー』 250円=1130円

我はカレーのトッピングだと本当は揚げナスが好き。でもなかなか無いんだよね。この店だとメニューの上から2番目にあったので迷わず注文。辛さは3がおすすめで辛さに自信がある人は5以上と書かれていたので辛さを5に指定。出てきたカレーは奇をてらわない全うなカレー。でも掬ってみると普通のカレーではないのが判る。まるで『ステーキ宮』の「宮のたれ」みたいのように繊維が残っているのがわかる。丁寧に作っているんだね。辛さはしっかり辛いけど美味い。いい塩梅。揚げなすも美味くてスプーンが進む。ラッシーは甘みも酸味も大人しめ。満足はした。

170610kusamakura05_2 店を出るとちょうど新宿御苑入口。我は新宿御苑には入った事はないので入ってみるかという気になった。体の疲れは感じるが、精神的にリラックスを感じることの方をとろう。急いで帰る必要もないし。200円を払って入園。てっきり日本庭園が広がっているところかと思っていたが、だだっ広い芝生空間が広がるイギリス式庭園や、左右対称に花壇が並ぶフランス式庭園、大温室などがあった。思わず一周したくなったが、途中で体力電池が切れてきているのを実感した。こんな事は久々。沖縄旅行の時以来かな?途中の休憩所で休みを入れつつ入口に戻った。

170610kusamakura03新宿三丁目駅に戻ってみなとみらい線直通の快速に乗ってそのまま終点まで乗って帰路についた。

« 焼麺劔訪 | トップページ | 生卵咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65394603

この記事へのトラックバック一覧です: 草枕咖喱:

« 焼麺劔訪 | トップページ | 生卵咖喱 »