カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 金夜柏鶏 | トップページ | 田樹咖喱 »

2017年6月24日 (土)

再時雨塩

雲が多かったものの8時頃には陽が射すようになってきた土曜の朝。明日からは雨の日が続くというので布団干しをしてから外出。このところ土曜は都内にまで出ていたが今日はその気力はないので近場で済まそう。スマホケースを更新しようと横浜に出て買い物をしてから関内に戻ってきた。新店開拓はせず、昨日に続いて関内駅周辺に出来た店の再訪問を試みた。4月7日に開店し、その翌日訪問した『中華蕎麦 時雨』。初訪問時は筆頭「中華蕎麦」を試してみた。店主は名店『多賀野』出身ということで期待は高く、実際技量の高さと上品さは感じられたのだが、あまりに淡い味わいだったので肩透かしを喰らった印象が残ってしまった。今度は「塩そば」でジャッジをしてみよう。訪問はちょうど正午あたり。暖簾を割ると厨房には男の店員2人。先客7人と結構客入りは良い。カウンター席がひとつ空いていたのでそこに着席。後客も続々来店し席待ちの客が4人くらい生じる事もあった。

170624shigure00 170624shigure01 中華蕎麦 時雨 『塩そば(麺少なめ・味玉付)』 820円

目的の「塩そば」を注文。筆頭「中華蕎麦」より40円高い。券売機をみると「麺少なめにすると味玉サービス」と書かれている。連食するし味玉食べたかったので麺少なめにしよう。食券を渡す際麺少なめを伝える。そうすると店員が「どれくらいにしますか?」と聞いてきた。えっ?と面食らう。とりあえず2/3程度と答える。結構待たされようやく着丼。しかし味玉入っていないんですけど。そう伝えると厨房の店員は「失礼しました」と言って後出ししてくれた。でももう一人の店員は「注文いただいていない…」とか呟いてんだよ。こういう事言われると不安になるしちょっと不愉快だ。ともかく提供されたので忘れて味に集中しよう。麺は平打ちストレート。具は九条ねぎとメンマ、炙りチャーシュー、和風ソーセージ。八幡巻きは止めてしまったのか。味玉は黄身しっとりタイプ。注目のスープは鶏出汁の美味さを感じつつ後味のように塩気を感じる。ああ、これはなかなか良い味わい。醤油よりはいいね。再訪して良かった。

« 金夜柏鶏 | トップページ | 田樹咖喱 »

コメント

いぬ吉さん、こんにちは。

当方は同日午前中に、新作の坦々蕎麦を食していました。
辛さよりも、玉葱の食感と牡蠣と海老の深みのある味わいが特徴の、担々麺の概念を変える一杯でした。

個人的意見として、中華蕎麦より塩そばの方がパンチが効いているのは確かなんですが、中華蕎麦は開店時からアレンジを変えています。
醤油の切れと節系の風味が強くなり、関東向けに仕立ててますよ。
個人的には改善だと受け止めています。

スパインチラーさん、コメントありがとうございました。やっぱりあの淡すぎる味わいへの不満は店主の耳に届いていたようですね。他の店の見回り?が終わってしばらくしたら三度の訪問を狙ってみようかと思います。情報ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65451987

この記事へのトラックバック一覧です: 再時雨塩:

« 金夜柏鶏 | トップページ | 田樹咖喱 »