カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 山手壱○ | トップページ | 山手咖喱 »

2017年5月26日 (金)

鶴見赤丸

週末金曜日。昨日もラーメンを食べたが、今日も週末開放感で新店開拓してしまった。帰宅途中鶴見まで足をのばした。小雨が降っている。『鶴嶺峰』の近くに今月18日に開店した『辛麺屋 赤丸』が本日の目的店。辛麺というのは宮崎の地麺のひとつ。こんにゃく麺と言う蕎麦粉と小麦粉を使った特殊な麺なのでラーメンのカテゴリーに入るか微妙ではあるんだけど。早速暖簾を割った。厨房には店主。接客の女店員1人。厨房前に一列のカウンター5席。2人がけテーブル1卓と4人がけテーブル3卓。先客1人後客3人。口頭で注文。料金後払い。

170526akamaru00 170526akamaru01 辛麺屋 赤丸 鶴見本店

『辛麺 五辛(コンニャク麺)』 750円

辛さに段階があり、それによって値段が違う。カレーもそうなんだけど、具やスープ、麺量で値段が変わるのが納得できるが、辛さで価格が異なるというのは個人的に納得が出来ない。でも辛麺で辛くないのは物足りないだろうと50円増しで5辛にしてみた。あと麺が基本のコンニャク麺とうどん麺が選択出来るようだ。唐辛子、ニンニク、掻玉、挽肉まで揃っていると、神奈川県民としては「イソゲン系ニュータンタンメン」と同じに感じる。辛さも結構ある。違いは弾力が強く縮れも強いコンニャク麺の食感。それとこの店のオリジナルだろうが、宮崎名物の鶏の炭火焼きが入っていること。我はこの鶏の炭火焼が好きなのでテンションが上がった。でも更に我のテンションを上げたのが、店内のテレビで「ドラマ孤独のグルメ」の映像が流されていたこと。あのBGMを聞きにしながら食べるという機会は初めての事。箸が進んだね。

鶴見駅周辺で買い物をしてから帰路についた。

« 山手壱○ | トップページ | 山手咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見赤丸:

« 山手壱○ | トップページ | 山手咖喱 »