カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鶴島茶麺 | トップページ | 日吉咖喱 »

2017年4月22日 (土)

火星咖喱

本日のカレーは池袋で。以前池袋の地下街を歩いていた時『火星カレー』という文字が目に飛び込んで来た。少女と星が書かれたアニメ調のイラストだったのでその時は際物カレー店だろうとスルーしたけど覚えていた。今日はその店に行ってみよう。東武東上線の終点池袋で下車。地下街を歩いて目的の店を探す。池袋も新宿同様の地下街がとてつもなく広いので迷いやすい。スマホがないと確実に迷いそう。地上に出て店を探す。あー以前汁なし担担麺を食べに訪問した『中国家庭料理 楊』の近くか。「火星カレー」とデカデカと書かれた看板が地下の店へと誘う。階段を降りて入店。結構圧迫感がある店内だ。脇厨房には男の店員2人と女の店員1人。カレー店なのに入口脇に券売機。シンプルな火星カレーを筆頭に鶏、豚、馬、鹿、牛、羊、鴨、そしてカンガルーまであり動物園のようだ。厨房前に一列のカウンター6席と2人がけテーブル席4卓。先客10人。

170422kaseicurry00 170422kaseicurry01 火星カレー

『カンガルーカレー(中盛・大辛)』 1080円+『焼きチーズ』 150円=1230円

一番目を引いたカンガルーカレーと焼きチーズを選択。ライスは大盛りまで無料。辛さも大辛まで無料。チーズはバーナーで丁寧に焼き目をつけてくれた。ドリアのような見た目のドライカレーか。肉は小さいのがゴロゴロとまんべんなく入っていた。カンガルー肉の白ワイン煮らしい。鶏肉のような食感と豚肉のような味。カレーはチーズでねっとりとしながら香ばしい。辛さは大辛なわりにピリ辛程度。舌がヒリヒリすることはない。スプーンはヘラのようなさじの部分が長い、あまり見かけないもの。これが意外と食べやすく欲しくなってしまった。際物カレーと思いつつ入ってみたが、食べ終わってみれば大満足の一皿だった。また訪問したいと思った。

副都心線みなとみらい線直通で元町・中華街駅まで一気に戻って帰路についた。

« 鶴島茶麺 | トップページ | 日吉咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火星咖喱:

« 鶴島茶麺 | トップページ | 日吉咖喱 »