カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 中華輝虎 | トップページ | 鶴島茶麺 »

2017年4月21日 (金)

六角治郎

一時は二郎系のラーメン店が乱立していた六角橋エリア。しかしながら二郎ブームは長く続かず、気がつけば家系ラーメン乱立エリアに変わっていた。そんな六角橋に久々二郎系の店が今月15日開店したというので行ってみた。今度の店の店主は本家『ラーメン二郎』蒲田店出身というから、本格的な二郎ラーメンが食べられそうだ。と言っても我はジロリアンではないので二郎系の店の違いがそう明確に判別できるわけではないけど。店に到着したのは金曜夜7時半くらい。場所は仲見世通り商店街のどんつき。『キッチン友』の横。以前は何の店だったのか思い出せない。早速入店。新店らしく店内は明るく清潔感がある。入口脇にプラ板券売機。厨房には男の店員3人。厨房前に一列7席のカウンター席と、L字型カウンター6席。先客6人。我の後は来客が相次ぎ店内空席待ち客が5人以上いた。

170421torajirou00 170421torajirou01 ラーメン 登良治郎

『ラーメン小(ヤサイ・ニンニク)』 700円+『粉チーズ』 80円=780円

何度も二郎系の店には入っているはずなのに無料トッピングで迷うんだよ。今回は二郎らしさが味わえると踏んでヤサイ、ニンニク増しのオーダー。逆に有料トッピングの(粉)チーズは迷わず注文。麺はやや硬めに茹でられた平打ち縮れ麺。山盛りモヤシとキャベツの茹で野菜。その裾野に横たわる脂多めの肉厚「豚」2枚。そして有料トッピングの粉チーズもたっぷりと予めかかっていた。スープは背脂が浮く甘辛醤油スープ。自分の中では正統派二郎っぽく感じる。ボリューム感も相当あったけど天地返しを早めに行ったら難なく平らげる事が出来た。「豚」がぬるめでスープの熱を奪っていたのがたまにキズ。でも満足の雄飯となった。

« 中華輝虎 | トップページ | 鶴島茶麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65179763

この記事へのトラックバック一覧です: 六角治郎:

« 中華輝虎 | トップページ | 鶴島茶麺 »