カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 近場味噌 | トップページ | 川崎釜炊 »

2017年4月28日 (金)

貝塚中担

かつて川崎には『萬楽』という中華料理店があり、その看板メニューとして「アホーメン」なるものが存在した。我は約10年前に一度だけ食べた事がある。それは揚げニンニクがゴロゴロと入った塩胡椒が効いた辛口タンメンというべきシロモノだった。臭い消しとしてお茶入りペットボトルがサービスとして付いたのも印象的で覚えている。『萬楽』だけの提供が確認されただけで地域的な広まりを見せなかったのが残念だけど、川崎の地麺のひとつだろう。そう思い数年前何度か『萬楽』に訪れたがその度にフラれるという事が続いた。それが『萬楽』の最後だと知らされる事になった。それからまた時が経ち今、その「アホーメン」を復活させた店があるというのだ。場所は同じ川崎に昨年3月に開店したというイソゲンインスパイアの店『タン担麺 中坦』。平日夜限定という形で「アホーメン」を限りなく近く再現したメニューを提供しはじめたという。『萬楽』閉店の残念に思った気持ちを少しでも癒そうと金曜の夜に行ってみる事にした。

川崎貝塚か。JR駅から歩いて15分くらい。このくらいになるとほぼ住宅街になる。そして店がポツポツある程度の貝塚商店街の中に目的の店『中坦』を発見。早速入店。赤を基調にした飾らない明るい店内。厨房には男の店員4人。1人は新人で教育を受けていた。厨房前に一列のカウンター4席。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席2卓。それだけかと思ったら仕切りの奥に座敷席があるらしく後客が数名吸い込まれていった。先客7人と後客8人。客入りも良く活気がある。開店してまだ1年しか経っていないけど、近隣住民のお気に入りとなっているようだ。口頭で注文。

170428nakatan00 170428nakatan01 タン担麺 中坦

『THEアホバッカラーメン』 885円+『にんチャー丼(ミニ)』 378円=1263円

限定品は無事オーダーが通った。ご飯物筆頭の「にんチャー丼」なるものも合わせて注文。麺はツルツルしたストレート太麺。具はニラ、玉ねぎ、豚バラ肉、そして焦げ目がついた大蒜が数粒。スープは白濁して豚骨スープのように見えるが、塩胡椒が過激に効いたタンメンのスープだ。かなり塩辛い。でも豚肉と玉ネギとニラの甘みが引き立つねー。太麺もよく合っている。でも『萬楽』のように大蒜が揚げておらず焼いているように見える。そしてニンニクの粒数が少なく感じた。

170428nakatan02 にんチャー丼はニラ、海苔、チャーシュー、そして中央にはきざみニンニク。美味い。このにんチャー丼で更にニンニク度が増して満足度がアップ。満足の食事が出来た。

« 近場味噌 | トップページ | 川崎釜炊 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65209185

この記事へのトラックバック一覧です: 貝塚中担:

« 近場味噌 | トップページ | 川崎釜炊 »