カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 大森咖喱 | トップページ | 朝桜偵察 »

2017年4月 1日 (土)

川崎炒盆

大森から京浜東北線で2駅戻って川崎で下車。駅東口から仲見世通りを横切り徒歩7分ほどのところにある『多福楼』という中華料理店に変わった料理が提供されていると聞いてやってきた。その料理名は「チャーボン」なるもの。店主が言うには「ちゃんぽん」の元になった料理だという。薀蓄では「ちゃんぽんとは福建省の地方語でご飯をたべるという意味」で、「日本にちゃんぽんが伝わった当時の元祖福清ちゃんぽんを復活させた」とある。どんなものなのか?実食あるのみ。半地下にある入口から早速入店。中華料理店らしい店内だけど、飲み屋街にあるので居酒屋っぽい造りにもなっている。個性的なおっさん店員が甲高い声で入店を促してきた。4人がけテーブル席のみ7席くらいあったが上の階も客席があるとか。先客2人後客1人。口頭で注文。

170401tafukurou00 170401tafukurou01 チャーボン 多福楼 川崎店 『五目チャーボン』 918円


チャーボンには五目と石焼があり、オススメと書かれた五目を注文。ほどなく提供された一皿はちゃんぽんとは似ても似つかぬ料理だった。玉子と一緒に焼き固められた中華細麺を皿にして上に五目餡かけがのせられていた。まず我が思ったのが「これって梅蘭やきそばの天地逆バージョンじゃん」。実際味も同じだったし。ちゃんぽんとは違いすぎるのでこれがちゃんぽんの元になった料理とは無理があり過ぎる。だって店主も同名の料理を「復活」させたって言ってるし。福建省の同名の料理なのだろう。逆に言うと「梅蘭やきそば」って福建料理だったんだなー。

駅に戻りラゾーナ川崎に寄って買い物をして帰宅した。結局雨は夕方まで降っていた。

« 大森咖喱 | トップページ | 朝桜偵察 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65094883

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎炒盆:

« 大森咖喱 | トップページ | 朝桜偵察 »