カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 春末豆蔵 | トップページ | 熱血変更 »

2017年4月15日 (土)

吉祥武蔵

何が悲しくて都内で家系ラーメンを食べなくてはいけないのか?という我の偏見と思い上がりを打ち砕いた東京都家系『武蔵家』。この『武蔵家』は2つの系統があり、一方は『たかさご家』出身の店主が新中野に本店を構える系統。そしてもう一方は『六角家』出身の店主が吉祥寺に本店をおく系統。『たかさご家』系列の『武蔵家』は日吉や菊名にも進出しており、我は昨年夏に新中野本店も訪れている。だけどここ吉祥寺にある別系統の『武蔵家』は食べた事が無かったので訪問してみる事にした。吉祥寺周辺の数あるラーメン店の中でも常に人気上位に食い込んでくるらしい。井の頭公園に向かう丸井脇の路地の所に店を発見した。1999年5月に駅近くのガード下に開店し、2012年になってこの場所に移転したとか。ああ店の外からでも結構な豚骨臭が漂ってくるよ。こういう店、本場のはずの横浜でも滅多にないからなー。早速入店。横に長い店内で内装はレトロな昔ながらのラーメン店風味。厨房には男の店員2人。厨房周りに一列10席のカウンター席。テーブル席は2人卓と4人卓がそれぞれ1卓づつ。先客8人後客6人。

170415musashiya00 170415musashiya01 吉祥寺 武蔵家 『ラーメン(麺かため・油多め)』 650円

筆頭基本メニューを我のいつもの家系好みで注文。器の色は違えど『六角家』戸塚店を思い出す。凶暴な豚骨臭が鼻を突くが、いたずらに豚骨濃度を高くしていない、バランス感覚がある家系ラーメン。量産型家系とは全く違い、あちらは似て非なるものだなと思わせる本物の家系ラーメンの一杯を実感することが出来て大満足。ただ東京家系であるのが複雑な思いを抱かせた。
帰りはJRで新宿に出てから新宿湘南ラインで横浜に戻ってきた。

« 春末豆蔵 | トップページ | 熱血変更 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65156015

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥武蔵:

« 春末豆蔵 | トップページ | 熱血変更 »