カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 相模原幻 | トップページ | 一族再訪 »

2017年3月25日 (土)

潮風鶏郎

久々に相模原に来たのでラーメン店も行っておこうかと事前調査をしてみたけど、あまり引っかかる店が見つけられなかった。かつてあった店もすっかり閉店しており減少している印象。更に調査して6年半前一度訪問済の『潮中華KAZE』という店に行ってみる事にした。かつて『花と風』という店だったが、屋号を変えてリニューアル。その直後に訪問したんだったな。その後どうなったか情報収集してみると、二郎インスパイアにメニューを再リニューアル。店舗をそのまま弟子に引き継いで、元の店主は相模川近くに移転して店を営業しているという。つまり前回訪問時とはほぼ別の店になったという事だ。『マボロシ』を出て歩くこと10分、横山だから上溝に近い。店に到着したのは正午近く。店前に待ちはナシ。早速入店。入口脇に券売機。厨房には中年店主1人のみ。前回訪問時は店内に店主の子供と思しき小学生がいたのを思い出した。厨房前に一列のカウンター8席。2人がけテーブル席2卓。先客2人だけだったが、後客は作業服を着たおっさんが6人来店した。水はセルフ。

170325kaze00 170325kaze01 潮中華KAZE

『鶏郎 普通(ニンニク・ショウガ)』 750円+『鶏増し』50円=800円

この店の看板メニュー、鶏郎というものを注文。ヤサイ、アブラ、ニンニク、ショウガの無料トッピングは食券を渡す際に聞かれた。鶏増しというのは焼かれた鶏チャーシュー2個のこと。見た目は完全に二郎だけど塩味。スープは透明で澄んでいる。麺は平打ち中太ストレート。モヤシ主体の茹で野菜、キャベツが少し入っている。鶏もも肉が2つ。スープは澄んだ塩味だが鶏油が入っているようだ。味はほぼタンメンと同じ。二郎風に盛り付けられたタンメンだ。これは見せ方の勝利だろう。満足出来た。

バスで相模原駅まで戻り、ライフで買い物をした後横浜線で桜木町まで戻った。

« 相模原幻 | トップページ | 一族再訪 »

コメント

いぬ吉さん、こんにちは。

本編の『潮中華KAZE』とは全然関係ありませんが、新店情報を。
既にご存じだったら済みません。

ブルーライン吉野町駅の交差点から伊勢佐木町方面に向かい、
吉野町一丁目交差点のマックスバリューの区画を越えた辺りに、
『MEN-YA DAISUKE』という新店を発見。
当方もまだ入店していないので、どの様な店かは存じません。あしからず。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/65064880

この記事へのトラックバック一覧です: 潮風鶏郎:

« 相模原幻 | トップページ | 一族再訪 »