カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 立喰牛八 | トップページ | 相模原幻 »

2017年3月24日 (金)

夜希望丘

久々に相鉄線に乗って希望が丘駅に降り立った。この駅に降り立つのも6年ぶりくらいか。駅前のロータリー脇の上り坂を登って徒歩2分ほど、大通りからちょっと路地に入った所に今月10日に開店したばかりの新店『MEN-YA KAZU 天下人』という店だ。早速入店。入口脇に券売機。厨房には中年男の店員2人。L字型カウンター10席と4人がけテーブル席2卓。先客2人後客ゼロ。

170323tenkabito00 170323tenkabito01 MEN-YA KAZU 天下人

『背脂とんこつ醤油(太麺・麺かため・背脂多め)』 680円


メニューは中華そばと普通の豚骨醤油と背脂豚骨醤油。各々醤油・塩・味噌があるようだ。この店の看板メニューらしき背脂とんこつの醤油を注文。食券を渡すと麺の選択と好みを聞かれた。麺は中太麺と細麺を選べるようだ。好みは家系と同じ。麺は北海道ラーメンのようなレモン色のちぢれ麺。店内に小林製麺の幟があった。具はワカメ、メンマ、海苔3枚、半茹で玉、チャーシュー2枚。海苔はスープにすぐ溶ける普通のヤツ。スープは家系とは違うクリーミーな豚骨醤油。この甘めのスープのせいで背脂が活きていない印象。背脂チャッチャ系はしょっぱめな濃いめの醤油スープだから背脂の甘みが際立ちいい塩梅になるはずなのに。背脂チャッチャ全盛の頃によく見たなんちゃって背脂の系統。懐かしい一杯だった。

今日は久々にラーメンの連食決行。駅に戻り踏切を渡るとすぐのところにある『實家(みのるや)』希望が丘店だ。『壱八家』から独立した系統で、大和に本店があり戸部にも支店があったが、希望が丘にも出店していたんだな。昨年3月末に『松屋』跡地に開店したとか。早速入店。入口付近に券売機。奥に厨房があり、コの字型カウンター14席と4人がけテーブル席2卓。『松屋』の居抜きだと丸わかりの店内。先客2人後客2人。

170323minoruya00 170323minoruya01 家系らーめん 實家 希望が丘店

『特製赤味噌ラーメン(麺かため・油多め)』 850円


普通の家系頼んでもつまらないし味噌を食べたい気分だったので、特製赤味噌を頼んだ。特製を選んだのは、普通の赤味噌の価格差が50円だけだったから。そうしたら二郎系かと思うような茹でモヤシと少々のキャベツがギチギチに詰まった味噌ラーメンが提供された。コーンもたっぷり入っている。そして麺になかなか辿りつかない。他にほうれん草、チャーシュー1枚、半ゆで玉子、海苔3枚。こちらも海苔はスープに溶けてしまうタイプ。スープは赤味噌というだけあって少ししょっぱめで味が濃い味噌味。麺が平打ち中太ストレートで我の好みに合わなかったのが残念。しかしなかなかのコストパフォマンスを見せてくれた一杯だった。

« 立喰牛八 | トップページ | 相模原幻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜希望丘:

« 立喰牛八 | トップページ | 相模原幻 »