カテゴリー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 青竹吉兆 | トップページ | 田上葱入 »

2017年2月 4日 (土)

魯肉咖喱

このところ朝起きるのが異常に辛くて「休日になったら昼まで寝てやろう」と思っていたが、実際となると習慣でいつものように早朝に起きてしまった。ゴミを捨てにいかなければならないしね。外へ出ると雲ひとつない青空が広がっている。あんまり寒さを感じない。明日は雨が降る予報だったし、出かけるか。特に行きたい店も考えていなかったけど、ちょっと興味を惹かれた店があったので考えなしで行ってみることにした。ちなみにラーメン店ではなくカレーの店だ。まず横浜に出て買い物をした後、東海道と山手線を乗り継いで新宿に出て、更に総武線に乗り換え一駅目の大久保で下車した。狙いは昨年12月1日に開店したばかりなのにマスコミに注目され話題となっている『魯咖(ろか)』という店だ。薬膳カレーと、台湾のソウルフードである魯肉飯を提供するという斬新な店。この組み合わせは考えつかなかったな。到着はちょうど正午過ぎ。店は駅から2分程度の路地にあり、遠目から行列が生じていたのですぐ判った。雑居ビル1階の片側が店舗になっていて明らかに狭い店。その前に10人以上並んでいた。我の後にもすぐ列が伸びていく。すごい人気だ。結局40分待ちで入店出来た。厨房にはさっき招き入れてくれた女性店員が一人。ああ女性店主ひとりで切り盛りしていたのか。これは大変だ。厨房前に2人がけカウンター席と壁向かいに7人がけカウンター席のみ。厨房前には香辛料がいくつも飾られていた。口頭で注文。

170204roka00 170204roka01 SPICY CURRY 魯咖 『ろかプレート(チキンカレー)』 950円

店主オススメとして筆頭メニューになっているカレーと魯肉飯のあいがけプレートを注文。カレーは4種から選べたが、これも店主オススメの魯咖チキンカレーを選択。粒粒がたくさん入ったカレーの中に焼いた鶏肉が入っており結構辛い。ご飯の上に豚肉がのっているけど、これがまさか魯肉飯?あまりに存在感が希薄。ご飯の後ろ側に野菜や酢漬けの玉ネギ等があり、これを後半混ぜて食べるよう女性店主がアクション付きで説明してくれたのでそれを実行。食感に変化ががあり美味しい。エスニック感溢れるカレーだ。カレーとしてとへも美味しく満足出来た。でも肝心の魯肉飯とのミックス感はほとんど感じられず終いだった。

« 青竹吉兆 | トップページ | 田上葱入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64850783

この記事へのトラックバック一覧です: 魯肉咖喱:

« 青竹吉兆 | トップページ | 田上葱入 »