カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 田上葱入 | トップページ | 味噌家系 »

2017年2月 8日 (水)

濱咖喱麺

水曜の夜、今日は珍しく平穏な職場だったので定時退社。横浜で途中下車し晩飯を外食で済ませることにした。普段行かない天理ビル方面へ歩を進める。先日開店したばかりの『せんだい』横浜店…は今回前を横切った。更に歩を進め『DRAGON酒家』のある雑居ビルの階段を4階まで登った。昨年11月28日に開店した『ハマカレ』という店が狙い。戸を開けて入店。内装は木を基調にしていてお洒落な喫茶店風。窓部分はガラス張りで駅前の夜景がちょっと良い眺め。厨房には若い男の店員2人。厨房前に一列のカウンター席と窓側に一列のカウンター席。4人がけテーブル席は4卓くらいあったかな。先客ゼロ。我が会計する時に後客が2人入ってきた。

170208hamakare00 170208hamakare01 ハマカレ 『カレつけ麺』 1024円
スープカレとカレつけ麺の2本立てのメニュー構成。ラーメンとカレー両方で食べ歩きをしている今の我からすればどちらでも良かった。しかしながら「ラーメン>つけ麺」、「カレー>スープカレー」でもある我。結局悩んでつけ麺選択。麺は白っぽいストレート太麺。麺の上には太メンマ2本と、焼き葱、海苔2枚、半味玉、素揚げレンコン、プチトマト、そしてご飯のかたまり、つまりおむすび。つけ汁はカレつけ麺と名乗りながら背脂が浮く魚介豚骨。甘過ぎずビターな感じでなかなかの美味さ。麺を半分食べたところで店員にスープ割りをお願いする。このスープがカレー味なんだよ。しかも安っぽい味ではなくスパイシーな深いカレー味に一変。そこにご飯の塊を投入。スープカレーを味わった。満足。でも値段がね。夜と昼で価格差を出す店というのはどうも好きになれない。定休が土日祝ということはまず昼間来れないからね。それと我は店員が少し私語をするくらいは気にも留めないけど、調理中に電話しながら大声出して笑っているというのはいかがかと思う。しかも遠くにいるのに話し相手の声がこちらまで聞こえるほどのボリュームで。普通に他の客がやっても迷惑な事を厨房で店員がするかね。再訪の可能性は低いね。

« 田上葱入 | トップページ | 味噌家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64868294

この記事へのトラックバック一覧です: 濱咖喱麺:

« 田上葱入 | トップページ | 味噌家系 »