カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 開店鶏豚 | トップページ | 魯肉咖喱 »

2017年2月 3日 (金)

青竹吉兆

節分の日。夕方取引先との打ち合わせで都内へ。直帰だったので大井町で途中下車。ボリューム感が味わえる老舗洋食屋『ブルドック』…も興味深かったが、それほど空腹でもなかったし、気になるラーメン店があったのでそちらに行ってみることにした。屋号は『麺壱吉兆』。仲町台にある『白河中華そば』で修行後独立し戸越銀座で出店後こちらに移転したのだという。看板には「青竹平打ち」とデカデカと書かれており屋号は書いていない。店前には先客7人の列。10分くらい待って着席。厨房には店主夫婦と思しき熟年男女2人組。厨房前に一列7席のカウンター席のみ。店内BGMなし。口頭で注文。料金後払い。昔ながらのスタイルの中華そば屋といった感じ。

170203kiccyou00 170203kiccyou01 青竹平打ち中華そば 麺壱吉兆

『中華そば』 680円+『そぼろ丼』 200円=880円


筆頭基本の中華そばと、量が不安だったのでそぼろ丼も注文。良心的な価格設定だね。しばらくして着丼。まずは中華そば。なかなかいい顔をしている。麺は見た瞬間に手打ちとわかる平打縮れ中太麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、小ナルト1枚、三角に切られた海苔2枚、香ばしい叉焼2枚。スープは白河中華そばらしい淡い醤油味。ほんの少しでも薄いと物足りないと感じてしまうだろうギリギリのラインがとても美味しく感じる。いつまでも飲み干せそうな錯覚に陥る。そこに合わさるモチモチの手打ち縮れ麺の食感。中華そばを食べている幸せを味わう事が出来た。

170203kiccyou02 続いてそぼろ丼。そぼろ丼と言いつつ、叉焼を細かく刻んだものにきざみ葱を和えたもの。叉焼が香ばしく葱の食感とあいまってご飯がすすむ。しかも良心的な値段。ちょうどの量で満足出来た。

« 開店鶏豚 | トップページ | 魯肉咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64847058

この記事へのトラックバック一覧です: 青竹吉兆:

« 開店鶏豚 | トップページ | 魯肉咖喱 »