カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 二色盛食 | トップページ | 神田泰屋 »

2017年2月18日 (土)

神田無銘

春一番が吹いた暖かかった昨日と違いやや肌寒く雲も多い土曜休日。今日は神田に出没する事にした。一度秋葉原に出てから戻る形で神田へやって来た。以前から気になっていたラーメン店へ訪問する。この店は屋号が無く、仮に『』(無銘)と言われている。2013年1月に開店した。この店のラーメンの特徴は「味変」。店主が独自開発した「練り醤油」というもので、塩味から醤油味へ、洋風から和風へ、薄口から濃厚へと変化するという。目的の店には開店時間を5分ほど過ぎてから到着。暖簾に「麺」と書かれているが確かに屋号を示すものがない。先客がいないようだが「営業中」と書かれた札が出ていたので入店。入口に券売機があり食券購入中に後客がやってきた。厨房には店主1人のみ。客席は厨房前の一列6席のカウンター席のみ。後客は3人来た。

1700218mumei00 1700218mumei01 『』(無銘) 『熟成練り醤油らーめん 並』 700円

筆頭基本並を注文。他に塩とつけ麺があった。5分程度の待ちで提供された一杯は茹でキャベツと中央の黒っぽい練り物が目を引く。麺はかために茹でられた平打ち太麺。具は茹でキャベツと辛味葱、海苔1枚、チャーシュー1枚。そして中央の黒っぽいのが練り醤油というやつだね。スープは濃度が高く鶏白湯らしいけど、味も粒子の食感も、上質なじゃがいもポタージュスープのよう。味が薄いと感じない。程良いしこのままスープを飲み干してしまえる感じ。茹でキャベツの存在で普段ラーメンを食べている時とは違う気持ちになり、たしかに洋風な料理に感じなくもない。そしていよいよ中央の練り少つを徐々に溶かしていく。すると魚介醤油の味わいが広がり、濃いめの和風の味わいに。辛味葱の存在の相乗効果で普段ラーメンを食べている感覚にもどった。鶏白湯と醤油を合わせているので変わった味わい。これも美味しいけど個人的には元の状態の味の方が好き。面白い一杯だった。満足。

« 二色盛食 | トップページ | 神田泰屋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田無銘:

« 二色盛食 | トップページ | 神田泰屋 »