カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 味噌家系 | トップページ | 大井洋食 »

2017年2月11日 (土)

用賀再来

昨日の降雪から一転、見事な青空が広がった建国記念の日、祝日。そして土曜日。今年は祭日がことごとく土曜日にぶち当たり、連休が激減しているという。悲しいというか厳しいね。

今日はそれほど外出するつもりはなかったのだが、真っ青でこれぞ快晴!といった色をしている空に誘われ、結果的に我としては活動的に動いてしまった。まずは昨年末ふと見たテレビ番組で紹介されたのを見て以来気になっていた都内のラーメン店へ訪問してみることにした。横浜から川崎、川崎から南武線で溝の口に出て田園都市線に乗り換え用賀駅で下車。おそらく初めて降りた駅だと記憶しているが何となく既視感を覚えた。三軒茶屋と何となく似ている気がするが、地元の人達から「ふざけるな」とか言われそうだ。我からすれば土地勘が全くない街だからご容赦いただきたいと言ったところだ。駅前のこじんまりとした商店街は生活感があり好感がもてる。商店街から曲がり角を曲がった時点で目的の店の看板を発見。何より店前に5、6人の行列が出来ていたので目的の店だと判った。開店時間から2分ほどオーバーしていただけなのに、そんな行列店だったか。店の屋号は『再来軒』。昭和34年創業の老舗。しかしながらこの店は幻の店と言われている。理由は滅多に営業しないから。暖簾がかかっていることが珍しいと言われている。そして営業時間も昼11時半から2時(スープ切れ)までの短時間。今はFacebookで事前に営業告知してくれているから用賀まで行って臨時休業喰らうことはない。今日も事前にチェックしててやって来た。我も行列に並び15分ほど待ってようやく着席。入口に券売機。厨房には髭の中年男店主とおばちゃん店員3人。厨房周りにL字型カウンター10席と4人がけテーブル席1卓。家族客が多く地元に親しまれているラーメン店という微笑ましい雰囲気が伝わってくる店だ。

170211sairaiken00 170211sairaiken01 再来軒 『正油ラーメン』 600円

筆頭は塩だったけどあえて正油を注文してみた。7分ほど待って着丼。あー、いい顔をしている一杯だね。麺は黄色い中細縮れ麺。このラーメンにはこれしかないと思わせる麺だね。程よい茹で加減。具は青ネギと小分け切りとメンマ数本、薄いチャーシューだが2枚。半分のゆで玉子。そしてスープは淡い醤油味…というか醤油の味はあまり感じない。薄いという意味ではない。ラオタ的に言うと醤油角を感じないと言うか。でも出汁が良いのかとても飲みやすく美味しい。でもちゃんと油分もあるのでラーメンを食べている幸せを感じられた。久々に汁一滴残さず完食した。家から遠いけど機会があればぜひ再訪してみたいと思わせる店だった。

« 味噌家系 | トップページ | 大井洋食 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64880148

この記事へのトラックバック一覧です: 用賀再来:

« 味噌家系 | トップページ | 大井洋食 »