カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 再弁天塩 | トップページ | 辛葱千家 »

2017年1月 7日 (土)

昼鳴門無

今年初の土曜日。昨夜訪問した『ナルトもメンマもあるけれど。』の一杯が美味しかったので(『夜鳴門有』参照)、これは昼のパターンも食べてみたくなった。みなとみらい線に乗り元住吉へ。同じ場所に約16時間後に訪問した。屋号は『ナルトもメンマもないけれど。』という違う店だけど。こちらの方が表の顔で塩と味噌がメインになっている。出遅れてしまったので開店時間10分後くらいに店に到着。早速入店。既に満席で1人立ち待ちの先客がいた。券売機で食券を買い10分ほど待って着席。その後も来客は続々。

170107narutonashi00 170107narutonashi02 170107narutonashi01 ナルトもメンマもないけれど。 『特製 塩』 1080円


店主イチオシの塩を選択。昨日食べてレベルが高い事がわかっているので初回から特製で注文。ランチは大盛りかチャーシュー1枚追加のサービス。連食体質なのでチャーシュー1枚追加を選択。あまり待たされずに着丼。技量だけではなく手際も接客も素晴らしい店主だ。塩もまたいい顔をしている。麺はストレート細麺。具はきざみネギとフライドオニオン、ピーマンの細切り、海苔2枚、味玉丸1個、レアチャーシュー4枚。中央には肉辛味噌のようなものがあり、これが後々効いてくる。スープは節系の香ばしさを感じる上質の繊細な塩味。具だくさんだしスープがうまいので食べ進めていくと、中央の肉味噌風のものが溶け広がって繊細な味わいから濃い複雑な味わいに変化した。これは店主の狙いらしい。卓上の薀蓄が書かれた冊子にあった。やはり凄いねこの店。大満足で店を出た。

« 再弁天塩 | トップページ | 辛葱千家 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼鳴門無:

« 再弁天塩 | トップページ | 辛葱千家 »