カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 昼下咖喱 | トップページ | 暁煮干濃 »

2016年12月18日 (日)

蒲田檍豚

蒲田駅近くにカツカレー専門店があるという。カツカレー専門店っていうのは初めて聞くなー。我の大好物であるカツカレー。しかも我が馴染みが深い街、蒲田だ。これは行ってみるしかないだろう。
京浜東北線で1本、10時40分過ぎに到着。何だかんだと久しぶりの蒲田だ。大体変わってないんだけど、コンビニがミスドになっていたり、銀行の場所が少し変わっていたりと僅かな差なんだけど、それがかえって時の流れを感じさせた。銀行で金を下ろしてから目的の店に向かう。目的の店は『いっぺこっぺ』という変わった屋号。鹿児島弁で「たくさん」を意味するとか。我は知らなかったが、とんかつ愛好家の中で有名なとんかつ専門店だという『檍(あおき)』が隣にの店舗に開店させたという。どうりでカツカレー専門店。開店予定時刻10分前に到着。既に2人待っていた。我がその後に並んだのと同時に我の後ろに申し合わせたようにパラパラと3人が後に続いた。その後にも行列は育っていき開店する頃には10人以上になっていた。まるで有名ラーメン店のノリ。開店直前に女店員が注文を取りに来た。開店時間ピッタリに開店。厨房には店主夫婦と思しき男女2人。カレー店らしい黄色い内装。そして薄い黄緑の縞模様のカウンター。客席は厨房前に一列7席。BGM無し。他の客も何もしゃべらないでカレーを待っている状況。正にラーメン店の雰囲気。

161218ippekoppe00 161218ippekoppe01 とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ

『ロースカツカレー』 1000円


おすすめと書かれた筆頭基本メニューを注文。見た目は普通のカツカレー。でもね…このカツカレー、いやこのカツ。我は久々に食べ物を食べて感動を覚えた。肉の味も食感も素晴らしいのだが、それ以上に豚の脂身が癖になりそうな甘みがある。これをカレーに混ぜず、卓上のヒマラヤ岩塩で食べると旨味が倍増する。「林SPF」という千葉産の豚を使っていると店内にデカデカと告知している。カレー自体も業務用のヤツとは一線を画する、豚肉と野菜が溶けかかった美味しい日本風カレーのルーだ。でもいかんせんこのトンカツが凄すぎた。普通のロースカツでこれなら、メニューの端にある「特上ロースカツカレー」を頼むとどうなってしまうのだろうか?2300円もするけど。いつかは必ず再訪してこれを食べてみたいという気になってしまった。大満足の一皿だった。

« 昼下咖喱 | トップページ | 暁煮干濃 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64641858

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲田檍豚:

« 昼下咖喱 | トップページ | 暁煮干濃 »