カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 山咖喱訪 | トップページ | 肋肉咖喱 »

2016年10月16日 (日)

椎茸生碼

市営地下鉄吉野町駅から地上に出てすぐ、今や有名行列店になった『鶏喰』の隣辺りに、「サンマーメンにこだわった店」と看板にデカデカと書かれた店があった。屋号は『栄来軒NOW』。その店が近頃移転し屋号を変えて営業を始めたというので、興味本位で行ってみた。場所は伊勢佐木モールを抜けそのまま吉野町方面へ抜ける途中にある。今度の屋号は『おっちゃんラーメン居酒屋』。前の時もそうだがあまりにもセンスが無い。早速入店。店内はいかにもラーメン居酒屋って感じ。厨房には男の店員2人。厨房前に一列のカウンター7席ほど、壁側に2人がけテーブル席3卓。先客3人後客ゼロ。口頭で注文。

161016ochyanramen00 161016ochyanramen01 おっちゃんラーメン居酒屋 『元祖サンマーメン』 850円

この店は並々ならぬ自信の筆頭メニューでしょう。そしてメニューが面白い表記になっていた。まず神奈川三大麺と書かれ、筆頭の元祖サンマーメンに「S5年」と書かれている。これはサンマーメンが誕生したと思われる年が昭和5年という意味だろう。しばらくサンマーメンのバリエーションメニューが続いて、川崎タンタンメンに「S15年」、横浜タンメンに「S35年」と書かれていた。これが本当だとしたら自分の認識が違っている事になる。横浜タンメンは何ならラーメンの原初の姿だと思っていたんだけど。川崎タンタンメンより後発だったなんて。事の真偽はわからない。さて元祖サンマーメンだが、麺はちぢれ細麺。具は白菜、椎茸、豚コマ。鶏ガラあっさり醤油スープにごってりした餡が絡む。椎茸の味の印象が強いか。

食品を買って徒歩で帰宅した。

« 山咖喱訪 | トップページ | 肋肉咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64382338

この記事へのトラックバック一覧です: 椎茸生碼:

« 山咖喱訪 | トップページ | 肋肉咖喱 »