カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 昼狸小路 | トップページ | 疲労夜食 »

2016年10月 2日 (日)

壱系咖喱

横浜から東横線各駅停車に乗り日吉にやって来た。先日フラれた横浜家系カレーライスの『壱番家』へ訪問する為だ。今日は営業しているようだ。早速入店。入口に券売機。厨房の前に一列9席のカウンター席。まんまラーメン店のようでもある。先客4人。厨房には若い男の店員1人のみ。それがたどたどしい手つきでやっておりモロにバイト店員である事が丸わかりの状態。後客が3人来店したところで、その店員はたまらず、という感じで2階へ上がり救援を要請。店主と思しきベテラン店員が現れた。こちらも安堵した。で家系ラーメンならぬ家系カレーだが、我は以前上野で食べた事がある。豚骨スープを使ったカレーと聞いていたが、実際口にしてみると普通のカレーショップで食べるものとそう変わらないものだった。こちらの店はより本格的な家系感を出しているというので期待していた。

161002ichibanya00 161002ichibanya01 横浜家系カレーライス 壱番家

『横浜家系カレーライス 並(辛め・油多め)』 650円

最初なので基本メニュー、トッピング無しで注文。家系ラーメンに準じて好みが選べる。辛さ・味の濃さ・油の量だ。麺の硬さにあたるのが辛さだと変換して、我のいつもの家系好みで注文。この好みがあるので1人分づつ鍋で作っている。コンロは3つで一つは大鍋で使っているので、一度に2人分にしか対応出来ないので時間がかかるらしい。15分くらい待たされた。ようやく登場した一皿はカレーのルーにほうれん草、チャーシュー1枚、うずらの卵がのり、ご飯側に海苔1枚がささっている。うずらの卵がある事から壱六家系だとわかる。なんちゃって。よく見るとルーの中に白いものがところどころにある。これが油かな?これがルーにねっとり感を出しているようで、食感がチーズカレーのようになっている。これは腹に溜まるよ。中盛サービスだったが断っておいてよかった。ご飯部分には卓上から豆板醤とおろしニンニクをのせて、いつものように家系ライスとして楽しんだ。満足度は高い。それにしても家系カレーか…。札幌味噌カレーとか、長浜カレーとか、和歌山カレーとかに展開すると面白いだろうね。面白いかな?

« 昼狸小路 | トップページ | 疲労夜食 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64290055

この記事へのトラックバック一覧です: 壱系咖喱:

« 昼狸小路 | トップページ | 疲労夜食 »