カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 横浜辛卵 | トップページ | 山咖喱訪 »

2016年10月15日 (土)

土夕肉焼

青空が広がり爽やかな気候に恵まれた土曜日。でも今日は休日出勤。繁忙期だからね。3時過ぎには退社出来たのかな。食事をとるには中途半端な時間。中休みを入れる店が多いからね。でも逆にそんな時間だから空いている店もあるだろう。解放感もあってガッツリ食ってやろうという気分だし。そこでちょっと気になっている店へ孤独のグルメを敢行する。石川町駅から元町商店街へ行く手前、以前KFCがあった処に出来た『いきなりステーキ』だ。立ち食いスタイルのステーキ屋という知識しかない。ともかく入店してみる。茶色を基調にした店内。立ち食いといいながらちゃんと椅子は設置されている。厨房には男の店員1人と接客の女の子店員2人。先客は5人くらいだったかな。まずは厨房に自分の席の番号札を持って肉の種類と量、焼き方を指定する。目の前でシェフが肉を切って量り売りしてそのまま調理。で、席に戻ってサイドメニューを注文するシステム。

161015ikinaristeak00 161015ikinaristeak01 いきなりステーキ 横浜元町店

『リブロースステーキ 318g(ミディアム・レアー)』 2233円+『ライスセット』 378円=2611円


肉はモロに金額が味に直結している印象があるのでケチケチしない。前菜のサラダを食べているとジューッと音がするステーキが登場。焼き立ては迫力が違う。分厚い肉を切って卓上のタレをかけてライスと一緒に喰らいつく。いいぞいいぞ。肉の背後には玉ねぎとコーン。全て平らげた。満足だ。また肉に喰らいたくなったら来店するかも知れない。

その後元町でパンを買ったり食料を買ったりした。その頃になると夕闇が迫ってきた感じ。こうなるともう昼飯ではなく晩飯の時間。疲れているし、もう晩飯として外食で済ませ家についたら風呂に浸かってすぐ寝よう。そうしよう。なのでステーキ、プラスアルファ。前から気になっていた、元祖横浜うどんを名乗る『かばのおうどん』でツlルッと本日の孤独のグルメの〆としよう。早速入店。厨房には男の店員と女の店員の2人。厨房前に一列のカウンター6席と4人がけテーブル席3卓。テーブル席は先客で埋まっていたがカウンター席には先客なし。後客もなし。口頭で注文。

161015ikabanooudon00 161015ikabanooudon01 かばのおうどん 横浜元町本店 『かばのかけうどん』 650円

〆でサラッと食べたかったから天ぷらも要らない。かけを注文。えぅ?650円もすんの?ラーメンと同じじゃん。丸亀製麺などの讃岐うどんの感覚でいたからビックリした。どんなすごいのがくるのかと思ったら本当にただのかけうどんだった。麺はうどんとしてはかなりかために茹でられた平打ち太麺。具は薬味ネギと鰹節とかまぼこ1枚。鰹出汁は良い味わい。だけどさ、やっぱり普通のうどんだよ。これでこの値段ってのはなかなか納得するのは難しい。関内に支店を出していたそうだが、既に閉店してしまったようだ。それも納得な感じ。個人的にはツルツルの讃岐うどんのが圧倒的に好きだなーっていうのが正直な感想だ。

« 横浜辛卵 | トップページ | 山咖喱訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64357857

この記事へのトラックバック一覧です: 土夕肉焼:

« 横浜辛卵 | トップページ | 山咖喱訪 »