カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鋤焼拉麺 | トップページ | 深夜俺家 »

2016年10月10日 (月)

千年咖喱

サリサリカリー。こんな店があろうとは。パキスタンカレーの店。1000年以上前のレシピを再現したというカレーは水を使わず香辛料数種と塩だけで作っているという。そして看板にはデカデカと「一部の人には理解される」と書いてある。ただでさえインパクトの有る屋号なのに、怪しさが増大している。その他にも「好奇心から始まることもある。」とか「皿の上に母がいる」とかいう看板もデカデカと掲示されている。怪しすぎて一見電波系の店かと誤解するよ。躊躇したがこの店を訪れるのが主目的で六角橋にやって来たのだ。勇気を出して入店。2人がけテーブル席が1卓と4人がけテーブル席が1卓、6人がけテーブル席が1卓。厨房は奥にあり見えない。その入口に腰掛けた太めの老婆が一人。白人との混血らしい感じ。そして店の周辺をウロウロ歩いている白髪の爺がどうも店主のようだ。店内のモニターには昔の洋楽PVが映し出されている。異世界の雰囲気。先客は3人。地元の老人客っぽい。でも先客がいて助かった思いだ。後客ゼロ。

161010sarisaricury00 161010sarisaricury01 サリサリカリー

『スリーコースセット(カリー・サラダ・チャイ)』 1000円


口頭で注文…しない。注文は取りに来ない。この店には基本スリーコースセットと呼ばれるカレーセットしかメニューがないからだ。先の老婆はお水を持ってきてくれただけ。その時「あれ?前に来たことあったでしょ?」「いや、初めて初めて」と言葉を交わしたのみ。しばらくするとカレーとサラダが出てきた。やはり異彩を放つカレーだった。ルーがほとんどなく、ホロホロと崩れた鶏肉がかかったご飯といった感じ。油分は感じるけど鶏肉から出たものなのだろうな。素朴というのがぴったりのパキスタンカレー。我は好きだなー。「一部の人」になってしまったのかな?ボリュームもそこそこあり満足出来た。食後にチャイが出てくるのもいいね。ホッと出来る。
161010sarisaricury02

« 鋤焼拉麺 | トップページ | 深夜俺家 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64327998

この記事へのトラックバック一覧です: 千年咖喱:

« 鋤焼拉麺 | トップページ | 深夜俺家 »