カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 秋外苑前 | トップページ | 茶茶咖喱 »

2016年10月29日 (土)

辛毛沢東

目的のものにありつけず、肩を落とした状態で『シャンウェイ』を後にした。でも諦めきれずスマホで調べていると、何と「毛沢東スペアリブ」と「黒チャーハン」を提供する店が東京にあるらしいのだ。外苑前駅に戻り地下鉄を乗り継ぎ東京を通り過ぎ何故か誤って大手町へ。地下の迷宮を歩いて丸の内に戻った。目的の店は新丸ビルの地下にある。『中華菜館 水蓮月(ロータスムーン)』だ。関連店というわけではなく業務提携という形で一部メニューを提供している関係。店前のボードには「毛沢東スペアリブ」と書かれてある。これで目的のものにありつけるぞ。早速入店。テーブル席が10卓くらいある、地下街にある今時の普通の中華料理店という感じ。先客8人くらいで後客6人。口頭で注文。

161029lotusmoon00 161029lotusmoon02 161029lotusmoon01 中華菜館 水蓮月 新丸の内ビル店

『ピリ辛・湖南風黒チャーハン』 1296円+『毛沢東スペアリブ』 950円=2246円


外苑前での敵を丸の内で討つ。まさか2つともリベンジ出来るとは。まず黒チャーハンの方。やっぱり醤油の味付けなんだろうな。そこに塩胡椒がかかっているような。メニュー名にピリ辛とあるがそれほど辛さを感じなかった。はっきり言ってしまうと『新福菜館』のヤキメシと同じ感じ。1200円を超える価値があるとは思えなかった。とは言えチャーハンとしては普通に美味しかった。
そしてお待ちかねの「毛沢東スペアリブ」が遅れて登場。正式メニュー名は「湖南省風唐辛子炒めのスペアリブ」。元々メニューにのっていない裏メニューだったが見た目のインパクトがありすぎて話題になったという。ニンニク、唐辛子、ネギを揚げたチップに埋まったお宝のようなスペアリブ。こっちはとてつもなく辛い、というかしょっぱい!さらに乾燥したチップまみれなので口の中の水分がもってかれる。これはなかなかに過酷な料理だ。でもスペアリブなので骨付き肉の旨さが堪能出来た。一度は諦めたメニューが目の前に現れ食す事が出来た事が嬉しかった。満足。

« 秋外苑前 | トップページ | 茶茶咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/64415778

この記事へのトラックバック一覧です: 辛毛沢東:

« 秋外苑前 | トップページ | 茶茶咖喱 »